『Intel Extreme Masters Season9 Shenzhen』Hearthstone部門の日本代表決定戦で弱冠16歳のtyson選手が優勝

Hearthstone: Heroes of Warcraft

7/8(火)に開催された『Intel Extreme Masters Season9 Shenzhen』Hearthstone部門の日本代表決定戦「Road to Masters For IEM」で弱冠16歳の Japan tyson選手が優勝となりました。

Road to Masters For IEM

2014年7月16日(水)~20日(日)に中国・深セン市で開催されるe-sportsの世界大会『Intel Extreme Masters Season9 Shenzhen』Hearthstone: Heroes of Warcraft部門の日本代表決定戦『Road to Masters For IEM』が7/8(火)にオンラインで開催されました。

予選には5選手が出場し、弱冠16歳の Japan tyson選手が優勝。日本代表として中国の本戦に出場する権利を獲得しました。

順位 (トーナメント表) 決勝戦

tyson選手優勝の瞬間
tyson選手優勝の瞬間。

tyson
日本代表 tyson 選手
優勝したtyson選手は東京に住む高校2年生で、国内大会にコンスタントに参加して好成績を収めています。6月29日(日)には国内週間オンライン大会『第3回 Weekly HearthStone大会』で優勝しました。

試合後のインタビューでtyson選手は本戦の意気込みについて、「優勝賞金20万円が見逃せないので、真剣に勝ちに行きたいと思います」と語っていました(インタビュー記事全文)。

なお日本代表決定戦『Road to Masters For IEM』は7月4日に開催が告知されるという異例の緊急展開でした。

現在、『Intel Extreme Masters Season9 Shenzhen』公式サイトには採用タイトルとして「StarCraft II」「League of Legends」しか掲載されていません。このことから、主催者が急遽Hearthstone部門の開催を決定したと見ることができそうです。Hearthstone部門のルールやフォーマット等の詳細の発表が待たれています。

情報元

Hearthstone: Heroes of Warcraft Intel Extreme Masters IX

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。