Negitaku.org esports > > > eスポーツ大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』STREET FIGHTER V部門でyukadon選手が優勝

ニュース

esports(eスポーツ) eスポーツ大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』STREET FIGHTER V部門でyukadon選手が優勝

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

株式会社CyberZが7月31日(日)に「EBiS303」(東京・恵比寿)で開催したeスポーツ大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』STREET FIGHTER V部門で Japan yukadon選手が優勝となりました。

eスポーツ大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』

『RAGE』は日本におけるeスポーツの普及、日本発のeスポーツ世界大会開催を目指して立ちあげられたeスポーツイベントです。

第2回目となる今大会は、タッチデバイス向けMOBA「Vainglory」と格闘ゲーム「ストリートファイターV」を採用して開催。

7月30日(土)に実施された「Vainglory」部門に続き、本日は「ストリートファイターV」部門が開催。オンライン予選を通過した8名の強者達が最強の座をかけて競い合いました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

トーナメント形式はダブルイリミネーション方式で、一度負けても敗者復活枠から優勝を目指すことが出来ます。
各試合は2セット先取(1セットは2ラウンド先取で勝利)制で、決勝のみ3セット先取で実施。

勝者側トーナメントを勝ち上がり一番のりで決勝進出を決めたのは『RAGE玄武杯』王者で、『EVO2016』3位の Japan yukadon選手。敗者側トーナメントからは、勝者側決勝で Japan yukadon選手に敗れた『CAPCOM Cup 2015』王者 Japan かずのこ選手が Japan Tokido 選手との激戦を制して決勝進出となりました。

決勝戦では、Japan yukadon選手がJapan Kazunokoとの激戦を制し優勝となっています。

順位

  • 1位: Japan yukadon (ナッシュ) - 100万円
  • 2位: Japan Kazunoko (キャミィ) - 40万円
  • 3位: Japan Tokido (リュウ) - 20万円
  • 4位: Japan オオヌキ (春麗) - 20万円
  • 5-6位: Japan eita (ケン) - 5万円
  • 5-6位: Japan hashibiron(レインボー・ミカ) - 5万円
  • 7-8位: Japan cojiro (春麗) - 5万円
  • 7-8位: Japan ストーム久保 (アレックス) - 5万円

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
トーナメント表

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
優勝: Japan yukadon

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
準優勝: Japan Kazunoko

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
3位: Japan Tokido

決勝戦 Japan yukadon vs. Japan かずのこ

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

決勝 Japan yukadon vs Japan かずのこ戦の前には、恒例の大会テーマワード「BRING IT ON!」のコールを実施(以下動画)。

試合は非常にハイレベルな一進一退の戦いが続き、5セット目には勝者側トーナメントから勝ち上がっているJapan yukadon選手が勝てば優勝、敗者側から勝ち上がったJapan かずのこ選手が勝てば再試合という息を飲む展開。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
精神集中するかずのこ選手

Japan yukadon選手はもう負けるかも知れないという精神状況だったそうですが、 Japan かずのこ選手の飛び込みのタイミングをうまく読み切ることや、これまでの対戦経験を活かすことが出来たことが勝因となり見事に優勝。『RAGE』王者の座を獲得しました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

格闘技と格闘ゲームが融合したような演出の『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』

先日の「Vaingroly」に引き続き、本日の「ストリートファイター5」も当サイトではメインに追っているタイトルではありませんが、今回も演出やエンターテインメント要素に力を入れる『RAGE』がどのようなeスポーツ大会を行なうのが興味があり観戦しに行って来ました。

格闘技イベントテイストな演出を採用した「ストリートファイター5」部門

「ストリートファイター5」部門は格闘ゲームと格闘技イベントをミックスさせたような演出で、選手達は格闘技の試合場を思わせるオクタゴン(8角形)のステージに設置された対戦台にてステージの周りを観客が囲む中で対戦。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

ラウンドごとにラウンドガールが登場したり、格闘技イベントでMCの経験を持つラッパーUZI氏が大会の進行を務めました。UZI氏はサッカーゲームで世界一となった経験の他、「Counter-Strike」シリーズを「e-boy」の名前でプレーするゲーマーとしても知られる存在です。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
ラウンドガールが毎回登場

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
ラッパー&ゲーマーのUZI氏

現在は、フリースタイルのラップバトルを楽しむことが出来る番組『フリースタイルダンジョン』のMCとして人気のUZI氏は、選手呼び込みのコールにて番組を彷彿させる「次の対戦相手は、こいつだーっ!」や「うぇいよー!」といったお馴染みのセリフを組み合わせて会場を盛り上げました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

また、格闘技番組等でお馴染みの選手紹介も二つ名を付けたような選手の印象付け、インタビューを通じた選手のユニークな解答を交えて選手の魅力を引き出していました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
実況・解説陣: 喜谷 知純さん、せんとすさん、ヲシゲさん

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
MC・小山ひかるさん

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
応援マネージャー・水沢柚乃さん

会場のテンションを一気にブーストさせた人気ラッパーの生ライブ

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

敗者側セミファイナルの直前、人気ラッパーのAK-69氏、般若氏、そしてSIMON氏に変わりUZI氏が参加しての『RAGE』テーマ曲「Victory」の生ライブを実施。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
AK-69氏

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
般若氏

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
UZI氏

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

このライブで会場はヒートアップ。勝者側ファイナルからは観客の声出しやノリがこれまでと段違いになっていて、注目度が高い試合がより熱狂的なものに変化していました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

サプライズのエキシビションマッチは今回も健在

決勝戦終了後、大会終了に向かってトークが進んでいると、突如として「まだ終わっていないぜ」という英語の声が会場から聞こえ、ステージに向かってフードを被った謎の人物が登場。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

正体はレッドブルアスリートとして知られるプロゲーマーの United States Snake Eyes選手。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

そしてさらにもう一人。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

こちらは、先日実施された世界最大級の格闘ゲーム大会『Evo 2016』ストリートファイター5部門王者の Korea INFILTRATION選手。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

この2人と『RAGE』オールスターズのエキシビションマッチの実施が決定。

『RAGE』オールスターズのメンバーは、United States Snake Eyes選手が戦ってみたいという Japan Tokido選手と、『Evo 2016』決勝 Korea INFILTRATION選手 vs Japan ふ~どを再現するため Japan hashibiron選手(今回のふ~ど選手のエントリー名)に。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

United States Snake Eyes選手はザンギエフを使い、スクリューパイルドライバーを連発するなど観客を魅了するプレーを披露。対するJapan Tokido選手も絶妙な真空波動拳を繰りだすなど、まさにトッププロの対決という試合に。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

『Evo 2016』決勝の再現試合は、Japan ふ~ど選手がアグレッシブな攻めで Korea INFILTRATION選手 に自分のプレーをさせずに勝利。エキシビションマッチとはいえリベンジを果たす結果となりました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

Japan ふ~ど選手は「勝てて良かったですが、Evoでの敗北がより悔しくなりました。また何度も当たると思うので、CAPCOM Cupなどで倒したいですね」とコメント。対するKorea INFILTRATION選手は「Evo2016とは全く違う動きになっていました。同じTeam Razerの一員として共にプレー出来てうれしく思います。」とリスペクトのコメントでした。

ゲーマーの心理状態を数値化するメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」

大会協賛の「JINS」が展開するメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」を装着したゲーマーが対戦することで、心理状態が以下にプレーに影響するかといった検証を行なうコーナーが実施されました。

「JINS MEME」をつけての対戦を行なったのは下記の両氏。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
プロゲーマー トンピー選手

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
ゴジライン コイチ氏

「JINS MEME」はスマートフォンアプリと連係させることで、メガネで収集したデータをリアルタイムに見ることが出来るそう。見にくいですが、体力ゲージの下に三つの数値がオーバーレイで表示されています。左からアタマ(集中力)、ココロ(落ち着き?)、カラダ(姿勢)を現しています。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

試合が終盤に近づくにつれて2人とも集中力がアップ。
より集中力が高かったコイチ選手が有利にゲームを展開するような流れとなっていました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

赤い戦が集中力が非常に高まっているラインとのことで、トンピー選手の方が集中力がより高まった回数が多い戦いであったことなどがわかります。

トンピー選手は「非常に興味深いデータ。大会の後に試合とこの数値を見比べたら面白いと思います」とコメント。

コイチ氏は「集中力のなさが数値化されていました。これを見ながら反省をすることでゲームを向上させることができるのではないでしょうか」として両者ともにかなりの興味を示されていました。

『RAGE』新タイトルにデジタルカードゲーム『Shadowverse』採用

『RAGE』新タイトルとして、CyberZ社と同じくサイバーエージェントグループのCygamesが展開するデジタルカードゲーム『Shadowverse』の採用が発表されました。

大会の開催は2016年10月からで、賞金総額・優勝賞金共に『RAGE』史上最大になるとのことです。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

RAGE Vol .2 GRAND FINALS

Cygames常務取締役 兼 総合プロデューサーの木村唯人氏によれば、『Shadowverse』をプレーヤーに焦点が当たるゲームにしていきたいという思いがあり、日本で一番勢いがあるeスポーツ大会『RAGE』に参加することを決定したとのこと。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
Cygames木村氏

『RAGE』責任者の大友 真吾氏は、『RAGE』は元々様々なタイトルを束ねるeスポーツ大会ブランドとして展開していく計画で、絶好調の『Shadowverse』を採用させてもらうことになったとコメント。

さらに、『RAGE』は選手に光を当てたいと思っており、eスポーツを日本に根付かせるにはスター選手の輩出が必要。『RAGE』が、あのステージに立ちたいと思ってもらえるような場にしていきたいと思っていると締めくくっていました。

RAGE Vol .2 GRAND FINALS
大友氏(右)

大会の配信アーカイブは以下から見ることが出来ます。

最後に

『RAGE Vol .2 GRAND FINALS』を2日間見て、豪華なゲストや演出を組み込んだ非常に満足度が高い仕上がりのイベントだったというのが率直な感想です。

おそらく、予算的には結構な額が投じられており、他のイベントが『RAGE』はやっていたのに、と言われて比較されたらちょっとかわいそうなレベルの豪華さでした。

イベント単体で回収出来ているとは思えませんが、CyberZ社が現在を土台作り的な位置づけとしていることや、今回のグループ会社タイトル『Shadowverse』採用なども含めて考えると非常に良い投資かつ展開ではないかと思わされました。

大会写真

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp