Negitaku.org esports > > > 『LJL 2017 Spring Split Final』でRampageが3-0の圧勝、2連覇を達成し世界大会の出場権を獲得

ニュース

League of Legends 『LJL 2017 Spring Split Final』でRampageが3-0の圧勝、2連覇を達成し世界大会の出場権を獲得

DSC_6670

『League of Legends』世界大会の出場権をかけた日本プロリーグの王者決定戦『LJL 2017 Spring Split Final』が、4月1日(土)に「東京ビッグサイト 西4ホール」で実施されました。

LJL 2017 Spring Split Final

『LJL 2017 Spring Split Final』には、2017年1月に開幕した『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン1位通過の Japan DetonatioN FocusMe と、2位・3位チームによって行なわれたセミファイナルにて Japan Unsold Stuff Gamingに3-2で勝利した Japan Rampageが出場。

DSC_6857
Japan DetonatioN FocusMe: Yutapon(Top), Paz(Jungle), Ceros(Mid), Zerost(ADC), viviD(Support)

DSC_6849
Japan Rampage: Dara(Support), YotoriMoyasi(ADC), Ramune(Mid), Tussle(Jungle), Evi(Top)

この2チームによるファイナルでの対戦は4大会連続となり、前回大会は Japan Rampageが優勝Japan Rampageは2連覇、Japan DetonatioN FocusMeは王座奪還がかかった対決となりました。

試合はBest of 5形式(3ゲーム先取制)で行なわれましたが、Japan Rampageが優れたチーム力による3連勝という結果で見事に優勝となりました。

LJL 2017 Spring Split順位

  • 1位: Japan Ramapge - 2017 Mid-Season Invitational出場権獲得
  • 2位: Japan DetonatioN FocusMe
  • 3位: Japan Unsold Stuff Gaming
  • 4位: Japan Rascal Jester
  • 5位: Japan 7th heaven
  • 6位: Japan SCARZ

DSC_7082
優勝カップを掲げる Japan Rampage

DSC_7145
左より: Dara, YotoriMoyasi, Ramune, Tussle, Evi

DSC_6803
優勝カップ

ファイナル

試合結果 (Best of 5)

  • Japan DetonatioN FocusMe [0-3] Japan Rampage

Japan Rampagは3試合を通じて見事なタイミングでのセットアッププレーでるキル獲得、非常に不利な状態からのリカバリなど、チーム力が攻守共に冴え渡りました。

DSC_7032
Japan Rampagの見事なセットアッププレー

スター選手がそろうJapan DetonatioN FocusMeは、この Japan Rampageのチーム力により自分たちがやりたい試合展開をさせてもらえていなかったように見えました。

個人的に強烈な印象を受けた選手は、今年からJapan RampageのMidレーナ―となった Japan Ramune選手。開幕戦のJapan 戦ではミスが目立ち、ストリーミング配信のチャットにおいて手厳しいコメントを書き込まれてしまっていました。しかし、レギュラーシーズンを通じて大きく成長し、決勝戦3試合目においては相手のチャンピオンの立ち位置を分断させることが出来るタリヤの「ウィーバーウォール」を要所で決めることに幾度も成功し、チームを勝利に導くことに大きく貢献しました。

DSC_7039
「ウィーバーウォール」が集団戦において幾度もRampageにアドバンテージを与えた

開幕戦を落として以降、メンバー変更を行なわず改善と成長を経て王者となるなるチームを創り上げた Japan Rampageはお見事と言わざるを得ません。

DSC_7058
Rampageの優勝が決定した瞬間

配信アーカイブ
RiotGamesJPのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

Japan Rampageは 2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される公式世界大会『2017 Mid-Season Invitational』に日本代表として出場します。

DSC_7125

会場の様子紹介

今回の会場は、プロチームブース、ファンアート、コスプレ、生楽器合奏の演出などさまざまな趣向が凝らされていましたのでご紹介します。

プロチームによるブース

『LJL 2017 Spring Split』に出場する6つのプロチームによるブースが登場。

DSC_6762

チームグッズ販売、所属選手とのサイン・写真撮影会などそれぞれが趣向を凝らしたファンサービスを行ないました。

DSC_6780
ファン向けのチームグッズを販売 (DetonatioN FocusMe)。

DSC_6736
所属選手がサインや写真撮影を実施 (Rampage)

DSC_7016
Rampageを優勝に導いたファンの応援メッセージ

コスプレ・ファンアート・応援メッセージボード

DSC_6808
好きなチャンピオンを見事に再現したコスプレーヤーのみなさん。

DSC_6699

DSC_6719
ファンアートの数々。

DSC_7026
好きなチームや選手への応援メッセージやイラストが多数書き込まれていました。

チームごとに分れた応援席

座席は応援するチームごとに分けられていました。

DSC_6935

なかなかしっかりと分れていたようで、タワーやキルを獲得したチームはサンダーバルーンを掲げたり大きな歓声が上がりましたが、一方のチームは無反応だったりとなかなか面白い反応でした。

DSC_6964

DSC_6887

アプリによる応援

アプリで好きなチームを応援する仕組みも導入されました。
このアプリを使って、どちらの応援パワーが強いかといった対決などが行なわれました。

DSC_6814

ファンのテンションを高めるウェーブ

毎回恒例となりつつある試合前のウェーブ。今回も実施されました。

生楽器による演奏の演出

開演前やオープニングには生楽器による演奏の演出が行なわれました。
大きな海外大会では実施されていますが、日本の大会では珍しい試みです。

DSC_6759

プロによる実況・解説

『LJL』公式キャスターeyes氏、公式アナリストRevol氏による生実況解説の様子。
こちらは一般の方は放送を通じてしか見ることができませんでしたが、プレスとして入らせていただいたため映像を撮影してみました。

DSC_6865
eyes氏、Revol氏

DSC_6909


この他の写真は、以下からご覧いただくことが出来ます。

写真

情報元

©2017 Riot Games. All Rights Reserved.

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp