Dota 2プロサーキット『Perfect World Masters』でNewbeeが優勝

pfmasters


Dota 2プロサーキット対象大会『Perfect World Masters』で China Newbee が優勝となりました。

Perfect World Masters

『Perfect World Masters』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として11月19日(日)~26日(日)に中国で開催されました。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会には、招待3チーム、予選通過7チームを併せた10チームが出場。
グループステージでは5チーム×2グループに別れての総当たり戦が行なわれ、各グループの上位4チームずつ・計8チームがプレーオフに進出。プレーオフはシングルイリミネーション方式トーナメントで実施され、賞金総額は30万ドル、付与ポイント総数は150となります。

決勝は中国対決、China Newbeeが3-0で勝利

決勝戦は、China Newbee と China Vici Gamingの対戦となり、China Newbee が3-0のストレートで勝利しています。

China Newbeeで印象的だったのは、Supportに「Ogre Magi」を全ゲーム、「Gyrocopter」をCarryとして2ゲーム選択していた点です。

「7.07」にアップデートされる前に「Gyrocopter」がピックされた時は海外大会のTwitchチャットで「2017年にGyrocopterピックとか正気か?」というようなコメントを見たのがものすごく印象的で、前バージョンではそのようなことを言われるほど弱体化されていました。バージョンが上がってからは以前よりは見かける頻度が上がっているものの、まだピック率はそれほど高くありません。

China Newbee は「Ogre Magi」による味方の攻撃・移動速度アップスキルとそんな「Gyrocopter」のGank(奇襲)での瞬間的な高火力、オブジェクト破壊力、集団戦で広範囲を巻き込むことが出来るアルティメイトスキルなど上手く活かす運用で序盤からキルを奪って、集団戦でも負けないレベル・アイテム差を作り勝利を重ねていました(3ゲーム目は耐えての逆転勝利という流れでしたが)。

順位

ファイナル

出場チーム

招待 中国予選 北米予選 南米予選 ヨーロッパ CIS予選 東南アジア予選

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

『Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式です。

NewbeeがMineskiを抜き4位にランクアップ。
「マイナー」で細かく稼いでいくことも大切ですが、やはり「メジャー」で上位入賞し大きくリードしないとなかなか安心する事は出来なさそうです。

次回は、2017年12月1~3日にスウェーデンの『DreamHack Winter 2017』会場にて賞金総額100万ドル、総ポイント1500の『DreamLeague Season 8』が開催されます。

情報元

DOTA2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。