『Quake Live』次期大型アップデート情報

QuakeLive

Quake III Arena』をベースとした無料 FPS 『Quake Live』の次期大型アップデートに関する情報が公開されていました。

アップデートは、5 月中旬のリリースを目標としているそうです。

『Quake Live』次期大型アップデート情報

  • Practice セクションをリニューアル。Practice Match、tutorials/training を実装。
  • Practice Match 用に”private server/match” 機能を開発中。
  • Training/Tutorials では、ロケットジャンプ、ストレーフジャンプ等の練習が可能に。動画やテキストによる解説、再生可能なデモなどが提供される予定。
  • 試合中のチームバランス調整について作業中。試合中の投票、自動 callvote、スキルレーティングなどによって行われるようです
  • 全てのゲームモードに週単位で新マップを追加していく。
  • Private Matches/Servers は大会、イベント、フレンドとの対戦などに向けて実装しており、出来るだけ早くリリースしたいと思っている
  • 数週間前に行った Duel skill ranking system の変更には満足しており、テストと調整を続けている。数週間後を目安に、チームベースのゲームにも実装予定。これにより、今のマッチング結果とはかなり違ったものになる予定。
  • 競技やプライベートマッチで使用可能な機能を開発中。タイムアウト、チーム固定、多くの管理者権限(レフェリー、試合管理者、キャプテンなど)を考慮する予定。これらについては、近々プライベートでテストを計画しており、後日詳細な情報を発表する。Quake Live チームとの共同イベント、トーナメント、ラダーや将来的に登場する private match/server で利用可能となる。
  • Punkbuster によりプレーヤーが誤認キックされてしまう問題について認識済みである。これについては真剣に受け止めており、チートをしていないプレーヤーが持つフラストレーションを解消したいと思っている。Punkbuster の開発者と IRC を利用してマンツーマンの作業を行っている。
  • Mac/Linux での提供は予想よりも難しいが進行している。今月に内部でテストを行い、その後にパブリックリリースする予定
  • GGL やその他の競技向けサイト用に ‘private’ サーバーを提供している。private server/match 機能が利用可能となるまでは、ケースバイケースでトーナメントやラダーのサポートをしていく。QuakeCon 2009 は、オープンベータ以降初となる Quake Live をフィーチャーしたプロフェッショナルトーナメントとなるだろう。
  • 試合中継や観客が簡単に見ることが出来る方法などを追加する
  • より簡単にデモを利用できる機能を追加
  • コミュニティ制作マップを利用可能にする
  • ソーシャルネットワーク機能を追加する

プライベートサーバー機能は是非とも早く実装してほしいところ。
MOD の対応も期待しています。

情報元

コメント

Avatar Not〃

ガッツリきたね 無料ゲーでこんだけやってくれりゃ十分でしょうに