『ESL Quake Live 1on1 Japan Cup』参加プレーヤー決定

ESL Quake Live 1on1 Japan Cup

11 月 7 ~ 8 日に開催が予定されている Quake Live のオンライン 1vs1 大会『ESL Quake Live 1on1 Japan Cup』の参加プレーヤーが決定しました。

ESL Quake Live 1on1 Japan Cup

参加選手

  • Japan ahoge
  • Japan aladdin
  • Japan arino
  • Japan Bsan
  • Japan carcass
  • United Kingdom Fenda
  • Japan fumio
  • Japan FuZZ
  • Japan galhy
  • Japan Gelato
  • Japan gimeiA
  • Japan Gou
  • Japan Heaad
  • Japan iSaCo
  • Japan js
  • Japan Kanekon
  • Japan Makigai
  • Japan mukiebi
  • Japan Pei
  • Japan PoNz
  • Japan riq0h
  • Japan Serval
  • Japan SiS
  • Japan syu
  • Japan tsrrrrrr
  • Japan uNleashed
  • Japan vaac
  • Japan will_of_fortune
  • Japan x_x
  • Japan Yakidaco
  • Japan YuYusama
  • Japan zaqs

キャンセル待ち

  • Japan yaruyaru

現時点で 33 名の選手が参加を表明。
先着の 32 選手が出場内定となり、以降はキャンセル待ちとなります。
24 日にシード、その後トーナメントの対戦組み合わせが発表される予定です。

対戦組み合わせは、シード 1vs シード 32、シード 2vs シード 31 というような順番で決定され、シード番号が少ない選手は、マップ選択を先に行なうことが出来るなどのアドバンテージがあります。

名前を変えて出場している有力選手がいるという情報もあり、どのような展開になるのか楽しみです。

マップ選択

マップ選択は以前ご紹介したとおり、それぞれが 5 つのマップから好きなものを 1 つずつ選択して決定されます。
その 2 マップで決着が付かない場合は、残った 3 マップからそれぞれが 1 マップずつを除外し、最後の一つとなったマップで試合が行なわれます。

今大会は、マップに対する準備が結果に影響を与えそうです。
日本では dm6 や ztn が 1vs1 の定番マップとして使用されていると思います。
ESL の technics 氏は日本コミュニティの試合をよく観戦しているそうで、その上で「日本のプレーヤーはもっと違うマップもプレーするべき」ということで 5 マップ制が採用されています。

上記 2 マップ以外をどう選択し攻略していくかがカギになるのではないでしょう。
(選択権で定番を選ぶのか、それともそれ以外を選ぶのか、など)

参考

コメント