『mibr』が Counter-Strike1.6チームの解散を発表

made in brazil(mibr)
Brazil mibr が Counter-Strike1.6 チームの解散を発表しました。

Brazil Raphael “cogu” Camargo 選手が引退を発表し、『mibr』を脱退。
チームは 5 人目のメンバーを探すことになるのかと思っていましたが、なんと解散を選択しました。

これによりメンバーは自由契約となり、早速 spacca 選手が CnB-Gaming へと移籍しています。

ex-mibr メンバー

  • Brazil Thiago “btt” Monteiro
  • Brazil Wellington “ton” Caruso
  • Brazil Bruno “bit” Fukuda
  • Brazil Guilherme “spacca” Spacca (CnB-Gaming へ移籍)

CnB-Gaming メンバー

  • Brazil Olavo “chucky” Napoleao
  • Brazil Juliano “Batistuta” Correa
  • Brazil Ruan “ruaN” Puga
  • Brazil Gustavo “gustaviN” Quessada
  • Brazil Guilherme “spacca” Spacca (元 mibr)

mibr は新しいメンバー達と交渉を開始しており、出場権を獲得している『Extreme Masters American Continental Finals』の参加なども検討しているとのこと(ルールの問題などがあるようです)。

詳しくは決定次第発表されるでしょう。

情報元

コメント