eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

スウェーデン代表はSK

本戦よりもレベルが高いWCGスウェーデン予選が終了し、
SK.sweが代表権を獲得しました。

ファイナル(de_nuke)
SK.swe 13-03 [EYE]

スウェーデンというとSELの関係でMR15のイメージが強いですが、
WCGはMR12で行われるためこの予選もそれに準拠しています。

ファイナルのデモはいまのところSK Insiderにも出ていませんが、
予選などのものはgotFragにアップされていました。

SK.swe vs Matrix
SK.swe vs caYa
SK.swe vs GoL

CSは国別でおこなわれるWCGよりも
やはり実力者をあつめたチームで出場できる
CPLなどの方がレベルが高い試合が見れてよいと思います。

情報元 : schroet.com

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar umebosi says:

    SEL>>WCGスウェーデン予選>>CPL>>WCG本戦

    レベルの高い順に並べるとこんな感じですかね
    でもアメリカ勢も強いからCPLのほうが高いかもしれない。

  2. Avatar hac says:

    遅レスであれですが・・・・

    確かにCPLの水準が高いからこそ、いい試合を見れるというところには間違いないと思いますが、WCGをやるという根本的なところがいい試合の前に世界LVにゲームをプロという観点で視野を広げているわけで、スウェーデンがこの先ずっと、最強だ。となっていてはまったく持って、プロゲームとしての役割は損なわれてしまうのではないでしょうか。当然先を担っていくものとしては必要ではあると思いますが、国一つ一つが強くなるということは重要なものが含まれていますよね。
     私が言いたいのはCPLやらSELよりもWCGの重要性がこれからのCSを高めるということです。

    私的観点からで申し訳ないです。