eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

動画キャプチャソフト『Bandicam』

Bandicam
動画キャプチャソフト『Bandicam(バンディカム)』の紹介です。

Bandicam

『Bandicam』は有名なメディアプレーヤー『GOM Player』を展開する韓国のグレテック社が開発した動画キャプチャソフトでOpenGL で開発された PC ゲームの録画に対応しています。

Bandicamの特徴は以下の通りです。

Bandicamの特徴

  • CPU 使用率が低い
  • 出力ファイルサイズが小さい
  • 高画質
  • ニコニコ動画やYouTube用のプリセットを標準搭載
  • 日本語表示対応

スクリーンショット

一般タブフレームレートタブ
ビデオタブビデオタブ

録画テスト

『Bandicam』『Dxtory』『Fraps』の3ソフトの体験版で録画テストをおこなってみました。

Team Fortress 2 でデモファイルを再生し、30秒でストップ。
解像度 1024×768、30FPSで録画しました。
それ以外の設定はデフォルトです。PCスペックはプロフィールを参照してください。

出力結果は画像の通りです。

ファイルサイズ比較

各ソフトが採用しているコーデックによって差が出ているとは思いますが、『Bandicam』は圧倒的にファイルサイズが小さいですね。
これくらいであれば、気軽に録画できるのがよさそうです。

画質等を確認してもらうために動画をアップしようかと思いましたが大きすぎるので見合わせで…。
代わりにスクリーンショットを撮影してみました。

Bandicam Dxtory Fraps

左:Bandicam、中央: Dxtory、右: Fraps

体験版なので、ロゴが入ってしまいます。『Fraps』はかなりロゴが小さいですね。

各ソフトは無料でも使えますが、ロゴが挿入されたり機能の制限があります。
製品版の価格については、『Bandicam』が3,980円、『Dxtory』3,600円、『Fraps』$37(約3,442円、$1=93.05円)となっています。

興味のある方はそれぞれ使用してみてください。

石原さんご紹介ありがとうございました。

※コメント等で教えていただいたソフトを下に追加しました。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. Daruku より:

    個人的にはGregionというキャプチャソフトがお勧め
    ・フリーソフト
    ・撮影時間に制限なし&ロゴなし
    ・独自のコーデックで高画質な方。

  2. breek より:

    使ってみようかな

  3. james-the-messer より:

    wegame最強他はクソ

  4. koharu.jp より:

    ロゴが小さくていいですね。
    つかわせていただきます。

  5. koharu.jp より:

    ロゴが小さくていいですね。
    つかわせていただきます。

  6. EB より:

    アマレココが良すぎて他の使えません