eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

書籍『デジタルゲームの教科書』が本日より発売開始

デジタルゲームの教科書
eスポーツやオンラインゲームについての内容も含まれている書籍『デジタルゲームの教科書』が本日より発売開始となっています。

デジタルゲームの教科書

  • タイトル: デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド
  • 著者: デジタルゲームの教科書制作委員会
    • スーパーバイザー: 松井悠 / 新清士 / 小山友介 / 池谷勇人 / 記野直子 / 中村彰憲 / 佐藤カフジ / 岩間達也 / 徳岡正肇 / 小野憲史 / 中田さとし / 藤本徹 / 鴫原盛之 / 七邊信重 / 三宅陽一郎 / 八重尾昌輝 / 大前広樹 / 藤原正仁
  • A5判 536ページ 1色 並製
  • ISBN: 978-4-7973-5882-7
  • 定価: 2,380円(本体)+税

内容

  • 第1章 ゲーム産業の全体像
  • 第2章 ゲームが消費者に届くまで
  • 第3章 ゲームとゲーム産業の歴史
  • 第4章 転換期を迎える国内ゲーム市場
  • 第5章 北米ゲーム市場
  • 第6章 アジア圏のゲームシーン(韓国・台湾・中国・東南アジア)
  • 第7章 ネットワークゲームの技術
  • 第8章 PCゲームとオンラインゲームの潮流
  • 第9章 アイテム課金制による無料オンラインPCゲーム
  • 第10章 ソーシャルゲーム
  • 第11章 携帯ゲーム
  • 第12章 日本タイトルの海外へのローカライズ
  • 第13章 海外産のゲームの日本展開における課題
  • 第14章 シリアスゲーム
  • 第15章 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」
  • 第16章 アーケードゲーム業界の歴史と現況
  • 第17章 ゲーム業界に広がるインディペンデントの流れ
  • 第18章 ノベルゲーム
  • 第19章 ボードゲームからデジタルゲームを捉える
  • 第20章 ARG(Alternate Reality Game)
  • 第21章 ミドルウェア
  • 第22章 プロシージャル技術
  • 第23章 デジタルゲームAI
  • 第24章 ゲーム開発者のキャリア形成

著者トークイベント「明日のゲーム業界を考える」

  • 開催日時 5 月 15 日(土)
  • 開場 17:00 開始 17:30-
  • 会場 書泉ブックタワー9階 イベントホール
  • 参加条件 『デジタルゲームの教科書』(定価: 2499 円(税込))を書泉ブックタワーにてご購入いただいた方、先着 50 名様
  • 登壇者
    • 松井 悠 : ジャーナリスト・ライター(e-sports や海外動向がメイン)株式会社グルーブシンク代表取締役
    • 新 清士 : ジャーナリスト・ライター(デジタルコンテンツ全般)国際ゲーム開発者協会(IGDA)日本代表
    • 三宅陽一郎 : フロム・ソフトウェア、技術者 人工知能関係
    • 八重尾 昌輝 : ゲーム系ジャーナリスト IGDA 日本 ARG 専門部会

情報元の記事では、松井悠氏が執筆された 第15章 デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」の一部を読むことが出来るようになっています。

※発売日について確認してみたところ、情報元の記事では12日、出版社のページでは13日、アマゾンでは 15 日と記載されていました。

デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド
デジタルゲームの教科書制作委員会
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2379

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar breek says:

    売ってるかみてこよっと

  2. Avatar StrayDog says:

    何度も紹介ありがとうございます。

    自分で言うのもなんですが、面白い(興味深い)本になっていると思います。

    開発者でない方でも、役に立つようなつくりになっていますので、ぜひどうぞ。

  3. Avatar mego says:

    1/3くらい読み進めましたが、想像以上に中身が濃くて
    かなり読み応えありますねー。
    WoWのライセンス料とか契約関係のあたりが興味深かったです。