eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Survival of the fittest』が次回大会よりアンチチートツール『Custodia』を採用

Survival of the fittest

Custodia
Counter-Strike1.6大会『Survival of the fittest』が次回よりアンチチートツール『Custodia』を採用すると発表しました。

Custodia

『Custodia』は、無料で使用することが出来るクライアントインストール型のアンチチートツールです。
海外大会の『ASUS CUP』等での採用実績があるソフトで、リアルタイムでのロギングや 32ビット表示を強制使用させる機能などが搭載されています。
試合に参加したプレーヤーのステータスは公式サイトにアップされ、次のページのように確認することができます(試合結果例)。

『Custodia』の導入・使用方法については大会公式サイトにまとめられています。

こういったものを導入しなければならないというのは残念ですね。
公正な試合を行いたいというチームは、大会に先駆けて練習試合等で試しに導入してみると良いでしょう。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar Once says:

    チート使うような精神未熟のカスが消えればいいのに
    どういう思考回路してんだろうな
    理解不能理解不能

  2. Avatar m4er says:

    Counter-Strike Anti-Cheat

    sXe Injected – ストレートエッジ(省略してsXe)はアメリカで暴力反対の意味である。

    AstraeA – アストライアーはギリシア神話に登場する正義の女神である。

    Custodia – クストーディアはキリスト教で神聖な物品の意味である。

    VAC – CS開発元バルブソフトウェア会社のアンチチートツール。