ゲーミングデバイスメーカー『Razer』の歴史

Razer
ゲーミングデバイスメーカー『Razer』の公式サイトにて、Razre の歴史についてまとめたページ公開されています

こちらがかなり興味深い内容となっていましたので、ざっくりと和訳してみました。

The hiostory of Razer

Razer とは

Razer はハイエンドゲーミングハードウェアにおける世界のリーディングブランド。
1998 年に Min-Liang Tan と Robert”Razerguy” Krakoff によって設立され、現在は世界中に 7 つのオフィスを構えている。
本社はカリフォルニアのカールズバッド。

Razer の受賞デザイナー、一流の科学者、世界クラスのエンジニアチームは、世界中のゲームプレーヤーに競争力を提供する、最先端技術を組み込んだ製品を設計するためにトッププロゲーマーと協力している。

1977年

Min-Liang Tan、シンガポールに生誕。幼少期を過ごす。

1996年

Min-Liang Tan、グローバルなゲーミングトーナメントでセミプロゲーマーとして活躍。

1998年

Min-Liang と Robert “Razerguy” Krakofft が出会い、『Razer』がカリフォルニア州サンフランシスコに設立される。
Razerguy がゼネラルマネージャーに就任。
Min-Liang Tan がカリフォルニアに移住し Razer のプレジデントゲーマー兼リードデザイナーに就任。

Min-Liang Robert "Razerguy" Krakofft

<

div class=”caption_center”>

Min-Liang 氏、Robert “Razerguy” Krakofft 氏

1999年

Razer Boomslang 2007

Razer Boomslang 2007

高性能なゲーミングハードウェア産業の起源となる製品、ゲーミングマウス『Razer Boomslang』をローンチ。

Razer の研究ラボラトリーからの特許技術を組み込んだゲーミングマウス『Razer Boomslang』は、従来のマウスの 5 倍に匹敵する精度をゲーマーに提供した。

『Razer Boomslang』は世界中で旋風を巻き起こし、高性能ゲーミング専門の産業を作り出した。

※画像は復刻モデル

2000年

Fatal1ty

Fatal1ty 選手

Razer が Jonathan “Fatal1ty” Wandel 選手の最初のスポンサーとなる。
Fatal1ty 選手は『Razer Boomslang』を使用し幾多のトーナメントで優勝、歴史上最も有名なプロゲーマーとなった。

『Razer Boomslang』をスポンサードされたその他の eスポーツ著名人には、Sujoy Roy 氏(ESReality 創設者)がいる。

コメント

teychon

当時ゲーミングマウスという言葉自体衝撃で
思わず私も初代ブームスラングを購入した口です。
丸い缶にマウスパッドとドライバが同梱で 梱包形態すら衝撃でした。
斬新な形状 手のひらの下に位置するボール 縦横比別個に
設定できるマウスセンス サイドボタンなど当時は夢のような機能でした。
製造会社はKarna(aはウムラウト)というところなのかそういうステッカーが
貼ってあります。今のモデルもそうなのか分かりませんが。
当時自力でQuakeConに参戦した某氏も購入してインプレをされてましたが
正直使いやすいかと言えば疑問でした。
手が小さい方向けではないと思います。
現在はサイドボタンの樹脂部分がイカれてしまったため修理のため分解したままとなっています。
もっとも経年変化で樹脂全体が劣化して触りたくない状態ですが…。