bdsインタビュー in 韓国

cyberfight.orgにWCG会場で行ったと思われる
bdsへのインタビューが掲載されています。
最近は毎回似たような内容ですが、
それでもbdsのインタビューは読んででいて面白いです。

――こんにちわ。自己紹介してください。

私はAndreasです。24才でSKのマネージャー兼オーナーです。
今はSK.sweと共に韓国に来ています。

――どのようにしてゲームとであったのか教えてください。
――私の知るかぎり、あなたはプロゲーミングを構築し、チームを組織しています。
――あなたのチームはよくレアルマドリードと比較されますね。
――このe-Sportsでの「あなたの歴史」を教えてください。
――私はそれが短いものでないことを知っています。

5年前にHLデスマッチをはじめまして、しばくして友人にCSを紹介されました。
私はGeekBoysというクランを設立して試合をするようになりました。
そして我々は数ヵ月後にヨーロッパ最強のチームになりました。
ベータ6.5のリリースと同時に私はCSをプレーするのをやめて
しばらくQuake3をやるようになりました。一年後に、再びCSにもどってきました。
CPL Winter2001の後にプレーすることをやめて、SKの運営に専念するようになりました。そして、我々はいま韓国にいます。
私はGamingを仕事としてやっていますが、すごく楽しいですよ!

――あなたにとって、現在、SKとはなんでしょうか?仕事ですか?または別のものでしょうか

25パーセントは仕事で、75パーセントは趣味です。
私の目標はGamingを100%の仕事として持つことです。
我々は多くの成功を伴って時を過ごしています。
そして、私にはSKとe-Sportsの明るい未来が見えます。

――韓国には多くのSKプレーヤーがきていますが、あなたの予想ではどうなりますか?

CSトップ3、WC3トップ5、FIFAトップ10でしょうか。
多くの良い選手とチームがきています。私はSKのUT2003を失いました。

――平日はどのようにすごしていますか?

起きて、犬に食事を与えて、彼女に行って来ますと言って、ストックホルムに仕事に向かいます。
そのあとはInferno Onlineに行ってプレーヤーたちに会います。
家に帰ってからは彼女と映画を見たり外出したりします。
私はスポーツが好きで特にゴルフをします。

――あなたのメインの仕事はSKなのですか?それとも別の「本当」の仕事があるのですか?

私は会社を運営していて、Gamingに関するプロジェクトの仕事をしています。
SKはその一部というわけです。

――昨年、ロシアのM19がWCG2002で優勝しましたが、それは運だったとおもいますか?
――それとも技術によるものですか?専門家として正直に答えてください。
――我々のWebやスタッフは関係ありませんので。

正直なところ、トーナメントに運はないと思います。
もちろん、そのようなことがいろいろ起こったとは言えます。
しかし、イベントとして行われているかぎり、それは技術です。
不運にも、スウェーデンはWCGにベストチームを送り込んだことがありません。
2001年の代表は変わりにCPLを勝ち取りました。
2002年は、我々が参加できない混合チームでした。

――どのようにしてSKインサイダーのアイデアを提案しましたか?

テキストにはファンのためだと書いてあり、多くの人はそれがウソだと思っていますが、
我々は単純に利益を出したいのです。
興味はあるのですが時間がないので、インサイダーなしではSKから仕事がなくります。

――SKの将来の計画はどのようなものでしょうか?

SKのすべてのチームを世界でトップ5にすることです。
状況をプレーヤーのためにさらによくしたいです。
誰もがゲームすることで生活できるようになる将来を私はみています。
そして、我々はSKに新しいゲームのチームを追加するつもりです。

――CPL vs WCGについてどう考えますか?

CPLとWCGはかなり異なります。
CPLはプロフェショナルなトーナメントとして運営されています。
選手にとって常にすばらしい大会です。
一般的にアジアでのGamingとはちがっています。
WCGが韓国で開催されるのはすばらしいことです。

――多くのチームはSKのようにスポンサーを持つことを夢見ています。
――そのようなチームのマネージャーに何かアドバイスはありますか?

会社を興して、社会に適合するプレーヤーをみつけて彼らと契約してください。
あなたのイメージをみつけて、プレゼンテーションしてください。
そして、仕事を得るのです!

――最後になにか

ファンのみんなに感謝します!

情報元 : cyberfight.org