雑誌『Wired Magazine』のイギリス版にプロゲームチーム FnaticMSI が登場「CARREAR GAMERS」Part 1/4

CARREAR GAMERS
雑誌『Wired Magazine』のイギリス版にプロゲームチーム FnaticMSI が登場しています。

FnaticMSI.CS featured in Wired Magazine

『Wired Magazine』では、6 ページに渡り FnaticMSI が特集されています。
特集では、FnaticMSI のリーダー Patrik “cArn” Sattermon 選手、チームオーナーの Sam Matthews 氏を中心とする Intel Extreme Masters を舞台とした物語を読むことが出来ます。

Fnatic のサイトにて画像が公開されていたので読んでみたところ、非常に面白かったので、あまり忠実では無いところもありますがとりあえず話がわかれば良いだろうということで和訳してみました。
かなり長いので 4 分割して掲載していきます。

CARREAR GAMERS Part 1/4

彼は木箱の上に座り、ライフルを構え砂の中庭の入り口をカバーしている。長い間、そこにそのままでいる。3 人の敵がこの砂の迷路で自分を探している事を知っているからだ。彼はもはや待つ事が出来なくなった。箱を飛び降りるとフラッシュグレネードを前方に投げ、左右を確認しながら中庭を全力疾走した。彼は片手で 1 秒に満たずライフルをリロードする。鈍い音がし、視界が煙に包まれた。彼はコーナーにラッシュする。バラクラバ帽とボディアーマーを着用し待機するテロリストは彼の目の前に真っ直ぐ飛び出した。ライフルの音は速く儚い。彼の視界の端は赤くなり、不器用に旋回して床に倒れ込んだ。そして、彼は上から自分の死体を見下ろした。彼の青い目は深紅に染まり、黄褐色の地面に染みを作った。

リアルの Patrik Sattermon は、ブロンドのスリムな体型で椅子に座り込み、画面上で彼が死亡したリプレイを見ている。Sattermon は死んではいない。彼の Counter-Strike でのアバター cArn が死んだのだ。Kill は生死には関わらないが、非常に重要だ。$35,000 がかかっている。それは、現在 5 シーズン目となる Intel Extreame Masters(IEM) 1 位の賞金だ。

Sattermon(cArn) はこのような競技で毎月 $4,500 を獲得している。26 歳、彼は eスポーツ、プロフェッショナルビデオゲームのベテランで何度も引退しようと思っていた。

Sam Matthews によれば、Intel Extreame Masters は「世界で最も名声のある eスポーツトーナメント」である。Matthews は Sattermon(cArn)のボスであり、Fnatic の CEO、ロンドンを拠点とするスタートアップで 33 人のプロフェッショナルビデオゲーマーを雇用している。彼は他に 2 つの会社を持つ起業家で、eスポーツに魅力的なビジネスの機会があると見ている。

ハノーバーのこの巨大なホールには、特権のために数百万(ドル?)を支払った Intel や Deutsche Post のようなスポンサーの名前が掲載されている。274,986 人が 5 日間の IEM を訪れるためにチケットを購入。94,256 人が最終日に参加し、215 万人がオンラインで観戦する。Matthews はこの注目を賞金、コンサルティング料、広告、商品販売、スポンサー料などから収入に変えている。Matthews にとって、Fnatic ブランドは「私たちが持っている中で最も強力」なものである。そして、その多くは Patrik Sattermon(cArn) の周りのスタープレーヤーによって構築されている。

Sattermon(cArn)は eスポーツにおいて特別な役割を持っている。彼は Counter-Strike を 13 歳からプレーしており、17 歳から賞金を得るようになった。Fnatic のリーダーとして、彼は一年のうち韓国 – オランダ – アメリカと 200 日をロードで過ごす。

彼は仲間の中で最も優秀なわけではなく、リアクションが速いわけでもない。しかし経験により敵の動きや戦術を予測し、ゲーム中にチームメイトに指示を出す。敵を倒すよりもコミュニケーションや戦術で試合を支配する。

IEM を開催する Electonic Sports League の CEO、Ralf Reichert は「Counter-Strike は、ヨーロッパでの eスポーツを成長させた」と語る。

彼は間もなく、自身が歴史になるかもしれない。彼がスクリーン上で倒れたのは、アリーナの反対側の席で叫びながらジャンプしている真っ黒な髪で非常に青白い青年 Christpher “GeT_RiGhT” Alesund によってやられてしまったからだ。

昨年のこの時、GeT_RiGhT は同じチームの一員として Sattermon(cArn)の隣の席にいた。GeT_RiGhT は、勝利するのに Sattermon(cArn)は年をとり過ぎていると考えていた。
Matthews が Alesund(GeT_RiGhT)を解雇すると、彼はライバルチームの SK Gaming に加入した。Sattermon(cArn)は、Counter-Strike 自体はそうかも知れないが、自分が年を取りすぎていないという事を証明することが出来る。Counter-Strike は、1999 年に初めて誕生した。StarCraft II のようなより最近のタイトルは、新たなオーディエンスを引きつけている。

Fnatic には、Call of Duty4、Halo、StarCraft II をプレーするチームがあり、全ての最新バージョンは 2010 年にリリースされた。最もモダンなスポーツにおいて、cArn は残された最後のパイオニアである。彼が訓練した若いプレーヤー達が、cArn のためにいまやってくる。

(続く)

CARREAR GAMERS Part 2/4 へ

CARREAR GAMERS

情報元