eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

fnatic が『Intel Challenge Super Cup 8』の出場を途中辞退

Intel Challenge Super Cup 8

Sweden fnatic が『Intel Challenge Super Cup 8』の出場を途中辞退しました。

fnatic drop out of ICSC 8

Sweden fnatic のリーダー Sweden Patrik “cArn” Sattermon 選手によると、LAN ファイナル期間にチームメンバーの 1 人が休暇となるため大会に参加することが出来ないことから参加辞退を決定したとのこと。国ごとに休暇についての考えは違うと思いますが、日本人的には大会を優先しそうな感じですよね…。

Sweden fnatic が参加していた 2次予選グループ C からは Denmark mTw および Sweden Lions がすでに出場を辞退しており、残りは Ukraine KerchNET のみとなってしまいました。

今回で大会からの出場を途中辞退することを決定したチームは 8 チーム目となります。
それぞれチームに事情はあるのでしょうが、様々な人がガッカリする展開となってしまっているのは間違いないでしょう。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. ell1o より:

    IEMでQUAKELIVEをドロップした祟りじゃ

  2. Luntic より:

    うーんまあ正しい判断だと思うよ?

  3. Hubble より:

    omg

  4. Lychee jam より:

    参加自体ではなく
    辞退ではないですか?

  5. MamE より:

    なんだってー!!

  6. (´◓ω◔`)ヴェーヨ より:

    休んでる間にいつものfnaticになってるといいですね