eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Team Fortress 2』『Counter-Strike: Source』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』アップデート(2011-11-02)


『Team Fortress 2』『Counter-Strike: Source』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』がアップデートしました(2011-11-02)。

Team Fortress 2, Counter-Strike: Source, Day of Defeat: Source and Half-Life 2: Deathmatch Updates Released

Team Fortress 2, Counter-Strike: Source, Day of Defeat: Source, Half-Life 2: Deathmatch に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
主な変更点は以下の通りです。

Source Engine Changes (DoD:S, TF2, HL2:DM)

  • status コマンドの出力にパブリック IP が含まれるようになった
  • Halloween 前に記録されたデモの再生を修正した

Team Fortress 2

  • status コマンドの出力に registration status と失敗によって発生したエラーメッセージが含まれるようになった
  • registration convars がセットされているかではなく、登録が成功しているかどうかに基づくよう ‘_registered’ タグをアップデートした
  • registration に関連する全てのメッセージはコンソールに加えてサーバーログにも追加されるようになった
  • convar config ラインのフォーマットを適切にする cl_gameserver_reset_identity コマンドからのレスポンスを修正した
  • Tin Soldier セット用の taunt を追加した
  • Soldier の melee 武器の反応ルールを修正した
  • MONOCULUS! が怒るようになった (リスポーンごとに攻撃速度とHPがアップ)
  • ローカライズファイルをアップデートした

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/