eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』開発チームがプロと一般プレーヤーの命中率比較データを公開、ヘッドショット率の差は 12%

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)』開発チームが大会参加プレーヤーと一般プレーヤーのショット命中率比較データを公開しました

Copenhagen Games

今月初旬にデンマーク開催された『Copenhagen Games 2012』では、 Counter-Strike1.6 と Counter-Strike:Source のプロチームが各 4 チームずつ出場する『Sound Blaster CS:GO Challenge』というトーナメントが行なわれ、Counter-Strike1.6 チームの SK Gaming が優勝となりました。

CS:GO チームはこちらのデータを元に競技大会に参加するようなプレーヤーと一般的なプレーヤーの射撃命中率データを比較してみたとのこと。
対象データは、『Copenhagen Games 2012』の大会データと、同日にパブリックサーバーで行なわれた de_dust2 でのプレーデータになります。

比較データ

CopenhagenPublic Servers
Overall Accuracy:13.2%15.5%
Damage per hit:55 dmg49 dmg
Distance from targets:78 feet (23.7 meters)66 feet (20.1 meters)
Headshot percentage:32%20%
Dollars spent per kill:$2400$2800
  • 全体命中率はパブリックサーバープレーヤーが 2.3% 高い
  • Copenhagen Games 参加プレーヤーの方が 1 ショットあたりのダメージが 6 高い
  • Copenhagen Games 参加プレーヤーの方が 3.6 メートル遠くからショットを当てている
  • Copenhagen Games 参加プレーヤーの方がヘッドショット率が 12% 高い
  • Copenhagen Games 参加プレーヤーの方が 1kill するために消費する金額が $400 少ない (コストパフォーマンスが良い)

Copenhagen Games 参加プレーヤーは、一般的なプレーヤーと命中率はほぼ変わらないものの、より遠距離から小さな敵に対してより高い確率でヘッドショットを決め、さらにショットごとに高いダメージを与えているという事になるかと思います。

また、下記のグラフからは各武器ごとのフラグ獲得パフォーマンスを見ることができます。Copenhagen Games 参加プレーヤーは Deagle のコスパが非常に高いという結果になっています。

Heat Maps

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ
コメント (0)
  1. Hubble より:

    ここまでしてコケたら面白いな

  2. karie より:

    ここまでやるとは…期待持てます..!

  3. focus より:

    この12%が勝敗を決めるってこともあるんだろうな

  4. takaaki より:

    タンクトップを着た時のデータが無い

  5. Heypo より:

    全体命中率はプロの方が壁抜き決め打ち多用で無駄弾多いみたいなことなんですかね

  6. ell1o より:

    必要なところで当てれるのがプロだよね。にしてもGOの開発気合い入ってんなぁ

  7. Satak より:

    これが転けたらFPSが終わるかもしれないから
    気合いが入るのもよく分かる
    世界タイトルから、FPSが無くなることがないよう願いたい

  8. MamE より:

    こういうデータ比較みたいなのは見てるだけで面白いですね