eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Intel Extreme Masters Season VII』に Counter-Strike1.6 が採用されなかった理由を Carmac 氏がインタビューで明らかに、CS:GO も採用予定なし

Carmac

Carmac 氏

Intel Extreme Masters Season VII』に Counter-Strike1.6 が採用されなかった理由を、同大会のディレクター Poland Michal “Carmac” Blicharz 氏がインタビューで明らかにしました。

Carmac インタビュー

こちらのインタビューは、HLTV.org によって行なわれたものです。
全てを訳したわけではないですが、以下のような内容でした。

Intel Extreme Masters が 新シーズンに Counter-Strike1.6 を採用するだろうと推測することは決して新しいことではありません。あなたはどのくらいのシーズンの間、Counter-Strike1.6 を採用するかしないかをレビューしてきましたか?

Carmac: 私たちはシーズンの終わりにすべてのゲームを見なおし、選択肢が続く限りそれぞれのゲームを見ます。私達が特定のゲームをタイトルから外す場合に、それは特定のタイトルと入れ替えるために行なっているわけではありません。

昨シーズンは QUAKE LIVE をタイトルから外し、League of Legends を追加しましたが、ここに因果関係は全くありません。QUAKE LIVE を採用しなかったこと、League of Legends を採用したことにはそれぞれの理由があります。

将来的な Intel Extreme Masters において、Counter-Strike 1.6 トーナメントを行う正当な理由が見つかったら、開催を決定するでしょう。

私たちは、ヨーロッパ以外で開催する 50% 相当の Counter-Strike1.6 トーナメントを外部委託することができませんでした。ESL は Counter-Strike1.6 のためにヨーロピアンリーグに取り組んでいますが、最近 Counter-Strike1.6 シーンに投資することは難しくなっています。何も約束することは出来ません。

Counter-Strike1.6 の古いグラフィックスは、トーナメント主催者の視点から不採用の理由としてあげられることがあります。ゲームのグラフィックスはタイトル選考の理由の一つになったり、良いグラフィックスのゲームを選ぶように、というスポンサーからの圧力があったりしますか? もしくは、全ては視聴者数やコミュニティの大きさに関係しますか?

Carmac: 私たちのスポンサーからグラフィックスに関する意見を聞いたことがありません。実際、スポンサーのインテルは 2 シーズン前に中国・上海で開催したイベントで、ローカルな Dota トーナメントの開催について打診してきました。ご存知の通り、Dota は 2002 年のエンジンで作られたゲームですよ。

Counter-Strike1.6 を採用しなかったメインの理由は、ヨーロッパ以外にプロフェッショナルチームが少ないことです。北米ではアマチュアレベルで盛んですが、プロフェッショナルゲームとしてはサポートされていません。

もし、中国や北米ですばらしいグローバルイベントを開催してほしいならば、少なくともヨーロッパから 6 チームを参加させる必要があります。なぜなら、各国のチームのレベルはイベントを行なうのに十分なものではないからです。

ヨーロッパ以外のイベント視聴者は、時差やプレーなど様々な原因により熱狂することが出来ませんでした。6 ~ 7 年前は、誰もが 4 つのベストな北米チームと、べストなヨーロッパ、アジア、南米チームが対戦するのを観たがりました。

素晴らしい北米チームが大西洋をこえてヨーロッパチームと競争していることをあなたが覚えているならば、それはまさしく Counter-Strike の年でした。今日の競技エリアは 1,200 キロメートルほどで、Counter-Strike はヨーロッパのゲームです。ヨーロッパには良いスポンサーがついたチームが多いわけではありませんが、少なくともプレーのレベルは非常に高く、ヨーロッパ内のイベント参加費用は比較的安価です。

2008 年、Intel Extreme Masters のチャンピオンはドイツチームで、準優勝は韓国でした。今日、それを観ることを想像してみてください。

あなたは「Counter-Strike1.6 がイベントでフィーチャーされるのは、Intel Extreme Masters がローカルで開催するのに完全にフィットする特定のイベントだけだ」と言いました。これは、Counter-Strike1.6 がシーズン 7 の European Global Challenge でフィーチャーされることを意味しますか?

Carmac: 私たちはそれぞれのイベントを個別にみており、最高のアプローチは何なのか考えます。採用タイトルは、限られた床面積、サービス、ストリーミング、特集など私たちが保証することができる内容に依存します。そして、どのくらいのチームが Counter-Strike1.6 をサポートする事を約束するかということにもです。

Counter-Strike: Global Offensive のリリース日が発表されましたが、次期シーズンでメインタイトルに採用されることを期待して良いですか?

Carmac: アクティブなプレーヤーベース、観客、ファンなどを持つ eスポーツに献身的なタイトルであれば、Intel Extreme Masters のメインタイトルとなりえるでしょう。ゲームはリリースされたばかりでそれらを持ちません。ゲームは時間とコミュニティと共に成長する必要があります。

そこで、答えは「No」です。Intel Extreme Masters は時期シーズンの開幕と同月にリリースされる Counter-Strike: Global Offensive をメインタイトルとして採用する予定はありません。

Intel Extreme Masters はリーグの採用タイトルを特定数で固定しません。予算に制限が無いのであれば、Intel Extreme Masters はおそらく 9 つの異なるタイトルでトーナメントを行なうでしょうね。

Counter-Strike1.6、Counter-Strike: Global Offensive が採用されないということは、次期シーズンでは競技タイトルに FPS がないということになるのでしょうか?

Carmac: 現在はそうなりますね。ですが、私たちは開催地に適したゲームでトーナメントを行なっていくつもりです。

Counter-Strike: Global Offensive が成功するならば、Intel Extreme Masters イベントでフィーチャーされるようになるでしょう。Counter-Strike1.6 と Counter-Strike: Global Offensive が同じイベントで開催されることも想像できます。Counter-Strike1.6 コミュニティの 75% が Counter-Strike: Global Offensive に移行したという明らかなシグナルが出るまで、私たちはこれらを完全に異なる 2 つのタイトルとしてみなさなければなりません。

FPS ゲームの未来についてどう考えますか?

Carmac: 思うに、私たちは「これだ」という良いゲームに飢えていると思います。FPS をプレーする人達はまだいるので、ポテンシャルは巨大なものです。重要な点は、カジュアルなプレーヤー達に、コンソールよりも PC で FPS をする方がおもしろいということをどのようにして納得させるかということです。私たちにとってマウスコントロールに勝るものは無いので、それは非常に明らかな選択です。でも、コンソールプレーヤーにとってはそうでありません。

私たちは、新しいプレーヤーを eスポーツの FPS シーンに呼び込み、彼らをカジュアルプレーヤーからダイハードプレーヤーに変貌させ、さらには競技的なプロフェッショナルプレーヤーにする必要があります。

eスポーツを救うことになる FPS には、社会的な経験と競技的なプラットフォームとしてより良くなることが必要となります。

また、グッドなハードコア 1o1FPS がない事を残念だと思っています。そのようなタイトルが登場するのは素晴らしいことです!

―――――

昨年は QUAKE LIVE が不採用となった理由についてインタビューにて回答していました

最後の回答にもあるとおり、プレーヤーがコミュニティを地道に盛り上げていくことが大切ですね。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar jλcks says:

    Carmac「PADなんかでぬるいFPSをやるF*ckinJAPどもを鍛え直してやるわ」

    GOも無しってのは辛いっすわぁ

  2. Avatar yud4i says:

    おもしろい

  3. Avatar k1tson says:

    Counter-Strike1.6 コミュニティの 75% が Counter-Strike: Global Offensive に移行したという明らかなシグナルが出る

    ↑たぶん無理だろうな…

  4. Avatar Hubble says:

    全世界で盛り上がるタイトルが出ないことにはFPSは・・

  5. Avatar g00den0ugh says:

    日本国内だけでも、盛り上がってほしいなぁ。

  6. Avatar MamE says:

    Dotaのグラフィック問題とFPSのグラフィック問題はまた違う気がするよなぁ。もうFPSってジャンルはある程度形は決まってるから、今あるFPSを超えようってなるなら、グラフィックに注力するか、アクション性に注力するか。グラフィックは後出しの方が綺麗だし、あんまりアクション性を加えるとFPSとしての面白さが薄れちゃうし。QuakeやCSのようにシンプルなFPSが新しくでれば良いんだけど(´・ω・`)

  7. Avatar Philopon says:

    1on1のFPSタイトルが無いのは寂しい