『DOTA2』が Steam のアクティブプレーヤー数ナンバー 1 タイトルに

DOTA2

『DOTA2』が Steam のアクティブプレーヤー数ナンバー 1 タイトルとなっています。

『DOTA2』が Steam のアクティブプレーヤー数ナンバー 1 タイトルに

2012 年 5 月に下記の記事を書きました。

現在はどうなっているのか気になって Steam の統計データページを見てみたところ、下記の通り『DOTA2』がアクティブプレーヤー数ナンバー 1となっていました。

Rank Current Players Peak Today Game
1 57,011 61,083 Dota 2
2 47,161 64,861 Team Fortress 2
3 41,643 51,307 Counter-Strike
4 36,347 58,912 Football Manager 2012
5 33,905 47,111 Counter-Strike: Source
6 25,553 36,204 Call of Duty Modern Warfare 3 – Multiplayer
7 22,311 31,101 The Elder Scrolls V: Skyrim
8 19,858 33,343 Sid Meier’s Civilization V
9 8,577 11,319 Call of Duty: Modern Warfare 2 – Multiplayer
10 6,931 9,957 Left 4 Dead 2

※2012 年 7 月 11 日 23 時 35 分でのデータです

いつのまにこのようになったのでしょうか?

前回と同様に、『SteamGraph』という、Steam の統計データを記録し続けているサイトでのデータを見てみましょう

SteamGraph

『Team Fortress 2』は、6 月末にリリースされた大型アップデート『Pyromania』をきっかけにアクティブユーザー数が爆発的に増加。数日をピークに現在は下降線をたどっています。

前回紹介を行なった 5 月時点では 1 位だった Counter-Strike1.6 は、3 月に行なわれた『Intel Extreme Masters Season VI』の終了後ぐらいから少しずつアクティブユーザー数が減少し、アクティブ数が 5 万台に突入。 6 月中旬には DOTA2 と TF2 の後を追う形となっています。

一方、現在まだ Beta テスト中の『DOTA2』は5月末にアクティブ数が下がったものの、長期的には右肩上がりでユーザー数を増やしています。

『DOTA 2』は、どのくらいまでユーザー数を伸ばしていくのでしょうか。

情報元

ゲーム紹介

コメント

Avatar mishima2006

地味にMW2がまだいるのにBOがいないんだなぁ。