eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Riot Games』がeスポーツ史上最高賞金総額となる数百万ドル規模の公式大会『League of Legends Championship Series』を 2013 年に開催

League of Legends Championship Series

『Riot Games』がeスポーツ史上最高賞金総額となる数百万ドル規模の公式大会『League of Legends Championship Series』を 2013 年に開催することを発表しました

League of Legends Championship Series

『League of Legends Championship Series』は eスポーツ史上最高金額で実施予定の 『League of Legends』公式大会です。

アメリカ・ヨーロッパのトップ 8 チーム、アジアのトップチーム、『Gamescom』『PAX』で行なわれる予選の上位 3 チームが参加予定で、毎週無料の HD 配信を行なっていく予定とのこと。

『League of Legends Championship Series』の詳細については、2012 年 10 月 13 日に開催される『Season Two World Champions』の後に発表予定とのこと。

こちらの大会の賞金総額が 500 万ドルとなっているので、これよりも高額になるということですね…。

The League of Legends Championship Series

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar MamE says:

    時代はLOL

  2. Avatar Hubble says:

    LoLプレイヤーの99.9%はこの大会に出場するチャンスすらない

  3. Avatar babiru says:

    見てるだけでも楽しいっすけどね