『ESEA League Season 13』でSwag選手がピストルを空中に投げグレネードに見せかけるスーパープレーを披露

『ESEA League Season 13』で United States Team Dynamic の United States Braxton “swag” Pierce 選手がピストルを空中に投げグレネードに見せかけたスーパートリックプレーを披露しています。

Swag 選手のピストルトリックプレー

このスーパープレーが披露されたのは、2013 年 4 月 19 ~ 21 日にアメリカでオフラインにて開催された『ESEA League Season 13』の勝者側トーナメント準々決勝の United States Team Dynamic [vs] France VeryGames 戦 (de_dust2_se)です。

swag
16歳のプロゲーマー swag 選手

問題のシーンをスクリーンショットで見て行きましょう。
(プレーヤーを消すのを忘れてしまいました)

1. 前半 13 ラウンドで Swag 選手が A ポイントに C4 を設置し 1vs1

前半 13 ラウンドで Swag 選手が A ポイントに C4 を設置

2. KennyS 選手がキャット側から解除に向かうというシチュエーション

前半 13 ラウンドで Swag 選手が A ポイントに C4 を設置

3. 箱をはさんで向かい合う両者。KennyS 選手が詰めていく

箱をはさんで向かい合う両者。Swag 選手が詰めていく!

4.箱に近づこうとしたその時、Swag 選手の頭上に突如何かが飛び出す

その時、Swag 選手の頭上に何かが飛び出す。

5. 「やばいフラッシュだ!」「・・・?」「バンバンバン!」「うわやられた」

何ィィィィィ!! ピストルだとォ~~~ッ!!!!!

何かが飛び出したらフラッシュグレネードだと思って回避行動に出てしまうのは、 FPS プレーヤーの習性というもの。しかし実際はグレネードではなくピストルを投げただけでした。プレーヤー心理を逆手に取ったジョセフジョースターのような超頭脳プレーです。

実際 KennyS 選手の視点でデモを見てみると「完全にやられた」という絶妙なタイミングでした。

デモファイルは HLTV.org から ダウンロード することができます。
以下からSwag 選手の視点で当該シーンを視聴可能です。

Swag Throws Pistol As Fake Grenade, Trolls KennyS in CS: GO Tournament

オールドプレーヤーなら思い出す HeatoN 選手のスモークグレネードトリック

時をさかのぼること約 11 年前。
『Cyberathlete Professional League Summer 2002』の決勝戦 SK Gaming vs eoL 戦でも似たような頭脳プレーが飛び出しました。

SK Gaming の HeatoN 選手と eoL の elemeNt 選手が撃ち合いからカーブをはさんでの 1vs1 シーン。

HeatoN 選手はグレネードを手に取り、曲がり角の壁に投げると同時にダッシュ。
いきなりフラッシュグレネードが飛び出してきたと思った elemeNt 選手は条件反射で回避行動。
しかし実際はスモークグレネードで、待ち構えていれば elemeNt 選手が倒していたかもというシーンでした。当時、スモークをフラッシュに見せかけるというテクニックはかなり独特のもので、繰り出した HeatoN 選手は大絶賛されていました。

そしてそんな彼も今ではプロゲーマーを経てプロゲームチーム Ninjas in Pyjamas のオーナー。今回の『ESEA League Season 13』で見事優勝を果たしています。

james-the-messer さん情報提供ありがとうございました。

情報元

ゲーム紹介