eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2013-05-01)

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2013-05-01)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release notes for 5/1/2013

GAMEPLAY

  • 武器調整
    • 不正確さを減らした(※つまり当たりやすくした)
    • サイクルタイムを長くした。値上げした。
    • ArmorRatioを上げた。サイクルタイムを長くした。
    • UMP-45: 値下げした。リコイルアングルの不一致を減らした。
    • Mac-10: 最大速度を増した。値下げした。
  • Classic Competitiveで二つのflashbangsが許可され、合計4つのグレネードを持てるようになった。
  • ボディグループの貫通には最大ダメージが適用されるようになった。敵の腕を貫通して頭を撃った場合ヘッドショットダメージが適用されるようになり、また、腕を貫通して腹を撃った場合は乗数ダメージが適用される
  • 腕や足に射撃を受けた結果のaimpunchを削除した
  • 弾薬がない武器をドロップした時、またはグレネードを投げたあとに自動で武器が切り替わるようにした
  • スコープした時の環境フォグを減らした

MAPS

  • CS_Militia: CT spawnの衝突を修正した。レーダー名を追加した。
  • CS_Assault: レーダー名を追加した
  • CS_Museum: レーダーとオーバービューのサイズをアップデート、修正した
  • DE_Library: C4の爆発でいくつかのクライアントがクラッシュするのを修正した
  • DE_Favela: propがサーバーラグを発生させゲームプレーに影響するのを修正した
  • DE_Seaside: プレーヤーがTerrorist spawn近くでスタックするのを修正した

MISC

  • Weapon inventory HUDにシングルタイプのグレネード所持数を表示するようにした
  • botを引き継ぎサウンドバグを修正したた時にghost footstepとなった結果のバグを修正した
  • competitiveでプレーヤーがbotを引き継ぎラウンドまで生き残った結果、プレーヤーのマネーが誤った値にセットされるのを修正した
  • ユーザーコマンドbacklogの最大値を制限するserver convar “sv_maxusrcmdprocessticks”を追加した。デフォルトは3。ユーザーがチートをしている場合、他のプレーヤーにobserveされたプレーヤーのスピードは常に最大速度以内となり高いパケットロスまたは極端なFPS低下を経験する
  • Vote kickは、ユーザーがvoteが成立するのに必要な数が集まる前にゲームサーバーから切断した場合にユーザーのSteamIDをBANリストに記録し進行中のcompetitive matchからユーザーを削除するようにした
  • GOTV経由でOperation Payback のゲームを観戦するのにOperation Payback Passが不要になった。
  • exit時にクラッシュするのを修正した

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/