eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロゲーマーを目指す韓国プレーヤーのドキュメンタリームービー『STATE OF PLAY』の予告映像公開中

STATE OF PLAY

プロゲーマーを目指す韓国プレーヤーのドキュメンタリー『STATE OF PLAY』のトレーラームービーが公開中です。

STATE OF PLAY

『STATE OF PLAY』は 5 月 4 日にベルギーで開催された『International Documentary Film Festival』にて上映され韓国のプロゲームシーンを舞台としたドキュメンタリムービーです。

主要な登場人物は 3 人。

1 人目は、17 歳でプロゲーマーととなり『World Cyber Games 2009』金メダリスト、韓国 eスポーツ協会が選出するプレーヤーオブザイヤー(2007)を獲得した Lee Jae Dong 選手。

Lee Jae Dong 選手

2 人目は、Lee Jae Dong 選手のようなプロゲーマーを目指し、プロゲーマーライセンスが手に入るプロゲーマーの登竜門「Door to Challenge」に挑む 16 歳のアマチュアゲーマー ParkYo Han 選手。

ParkYo Han 選手

そして、最後は「Door to Challenge」を経て Woongjin Stars の一員となり、家元を離れ新人の半数が挫折し去って行くというチームハウスでの過酷なトレーニングに挑む 16 歳の Kim Joon Hyuk 選手。

Kim Joon Hyuk 選手

この 3 人を通じて、eスポーツの真の素顔を伝えるのが『STATE OF PLAY』のコンセプトとなります。

以下で英語字幕付きのトレーラーを見ることができます。
3 分ほどですが本編がかなり見たくなりました。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. PAUM より:

    韓国では昔、韓国のアイドルグループSS501のメンバーの1人が
    SC2のプロゲーマーになるために修行をする、という番組がありましたね。

    結構こういうドキュメンタリーとか好きなんですねー

  2. Faris_CS より:

    メガネ君がいっぱい。