eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

今週の『Counter-Strike: Global Offensive』アップデートでアイテム課金額の一部がトーナメント賞金に還元される仕組みを導入か

Counter-Strike: Global Offensive

今週の『Counter-Strike: Global Offensive』アップデートでアイテム課金額の一部がトーナメント賞金に還元される仕組みが導入されるようです。

アイテム課金額の一部がトーナメント賞金に?

Counter-Strike: Global Offensive の公式 Twitter アカウントで以下のようなツイートが行なわれました。

「今週のアップデートには、競技的なCS:GOイベントの賞金を増加させるのを手助けする新しい方法が含まれています。より詳しい情報は近々発表!」というようなことが書かれています。

DOTA2と同じアイテム購入額の一部が賞金になる仕組みを採用か

先日アメリカで開催された『DOTA2』公式世界大会『The International3』では、$9.99の 『Interactive Compendium』というアイテムを購入することで、$2.5が大会賞金総額につ以下される仕組みが採用されていました。

この結果、賞金総額は当初の160万ドルから280万ドル以上に増加され、優勝チームには143万ドルが贈られました。

一部のユーザーがすでに新しいアイテムをなぜか保有しており、そのアイテムの説明欄に以下のように書かれています。

The eSports 2013 Collection
A portion of the proceeds from this collection will help support CS:GO professional tournament prize pools.
「このコレクションの収入の一部はCS:GOプロフェッショナルトーナメントの賞金プールのサポートを手助けします」

ということで、すでに Steam Community 上に表記が出ているのでこの機能が実装されるのは確定的でしょう。

新武器や新スキンバージョンのアイテムが登場

CS:GOチームがTwitterでサイレンサー付きのM4A1が追加となることを発表

熱心なユーザーが調査を行ない、この他にも新しい武器や新スキン仕様のアイテムが登場することが明らかになっています。

下側のリンクではAPIを通じて取得したと思われるアイテム名や画像を見ることができます。

Counter-Strike: Global Offensive が Free 2 Play 化する可能性

上記により、『Counter-Strike: Global Offensive』にValve がこれまでに実施し大成功を収めている『Team Fortress 2』のアイテムドロップ + アイテム課金、『DOTA2』の賞金への収入分配といった仕組みが導入される可能性が非常に高いです。

両タイトルとも現在は 無料プレー + アイテム課金制を採用しており、Valveがアイテム課金で Counter-Strike: Global Offensive の運営を回していくことが可能となると判断すればゲーム自体は無料化される可能性が出てきました。そうなれば、プレー人口の増加や大会の活発化などが期待できます。

今週のアップデートがどうなるか楽しみです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/