eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』がCounter-Strike史上最大級の賞金総額$250,000で開催決定

2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship

2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』が賞金総額$250,000(約2,479万円, $1=99.19円)で開催となることが発表されました。

2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship

『Counter-Strike: Global Offensive』には8月中旬に「Arms Deal Update」という大型アップデートが適用されました。このアップデートにおいて「eSPORTS WEAPON CASE」という$2.49の課金アイテムが追加されており、この収益の一部がeスポーツイベントの賞金に分配されることが発表となっていました。

Weapon Case 追加

『2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』にはこの制度が適用された大会となり、Counter-Strikeトーナメントの歴史でも最大級の賞金総額を誇る大会になるとのこと。『Counter-Strike: Global Offensive』では、リリース後に開催される最も高額な賞金の大会だと思われます。

『2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』は2013年11月28日~12月1日にかけてスウェーデンにて開催されます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar Delgohan says:

    課金アイテムの収益が大会の賞金になるのは良い試みだと思います。