eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2013-09-25)、武器ごとに移動の加速度が変化する仕様に

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2013-09-25)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 9/25/2013

BRAVO

  • Operation Bravo Coinを所有している場合、Official Competitiveマッチの最後にCompetitive Scorecard が追加されるようになった(以前はOperation Bravo Coinツールチップ上でのみ見ることが出来た)。

GAMEPLAY

  • 自殺したラウンドの報酬金額が0になった
  • プレーヤーの加速は、プレーヤーがアクティブにしている武器ごとの最大スピードによって決定されるようになった

MAPS

  • Gwalior, Cache, Ali, Seaside, Agencyのバグを修正した

MISC

  • フリーズパネルにストックアイテムの所有情報が表示されていないのを修正した
  • 水素材がlow shader設定によって2d skyboxを反射しなくなってしまっていたのを修正した
  • Macにおけるsquished weaponのkill icon を修正した
  • Trade Up Contract インターフォース上でCollection内の最高レア度アイテムをフィルタ除外するのに失敗しているのを修正した
  • 長時間のゲーム中にパフォーマンス低下の原因となるクライアントコードにおけるメモリリークを修正した
  • 新しい装飾武器を Assault Collectionに追加した

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/