『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2013-10-23)、観戦機能の強化を実施

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2013-10-23)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 10/23/2013

GAMEPLAY

  • フラッシュグレネードで目くらましされたプレーヤーにアイシールディング アニメーションを追加した
  • Deathmatch においてより良いrespawnポジションがあったにもかかわらず、プレーヤーが視認可能な場所に登場してしまうのを修正した
  • プレーヤーがrespawnで”buy”キーを連打することで武器を作ることが出来たバグを修正したDeathmatch におけるバグを修正した

SPECTATING

  • プレーヤーがSpectating中にShift+ 0~9でアクティベートできるカメラポジションのプリセットを全てのリリース済みマップ向けに追加した。詳細はこちら ( https://developer.valvesoftware.com/wiki/CSGO:_Spectator_Tools )
  • ローミングモードのspectator カメラから見ているプレーヤーはホワイトに光るようになった
  • ローミングモードでspectating している時、各プレーヤーのAimimgの射線を表示するようにした
    CS:GO
  • C4がドロップした時、spectatorには光って見えるようになった(黄色=ドロップ、赤点滅=設置済み、緑=解除済み)
  • フリーズタイム中のUIにプレーヤーのマネー、ラウンドで使用したマネーの額、kills/assists/deathsの表示を追加した
    CS:GO
  • spectatorパネルのアーマーアイコンを改善した
  • GOTVと replayにリコイルが適用されないのを修正した
  • GOTVでUIの武器画像がブランクになることがあるのを修正した
  • GOTV と replayでStatTrakのkill数が正しく表示されるようになった
  • spec_gotoコマンドをリネームし、キーバインドから呼び出された場合に正しく動作するようにした
  • autodirectorの切り替えキーを“+speed” から “radio3”に変更した(デフォルトてはSHIFT キーからC キー)
  • Streamsには6個のライブストリームが表示されるようになった

MISC

  • スコープの線は武器の現在の不正確性にマッチしてぼやけるようになった
    Scope
  • Fiveseven のviewmodel アニメーションを改善した
  • Tec-9 のviewmodel アニメーションを改善した

情報元

ゲーム紹介