eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Valve が新年に『Valve Anti-Cheat System(VAC)』をアップデートしチートツール検知を強化

Steam

Valve が新年に『Valve Anti-Cheat System(VAC)』をアップデートしチートツール検知を強化したようです。

Valve Anti-Cheat System

VACは Counter-Strikeシリーズや Team Fortress 2 など、Valve製タイトルで利用可能な不正ツール対策のシステムです。

Vacが導入されたセキュアサーバーでプレー中に不正ツールを使用されていると検知され、該当ユーザーのアカウントは永久停止処分となり、いかなる理由があろうとも基本的に処分が覆ることはありません。

新年にVACをアップデートか
新年が明けてから、不正ツール利用者のフォーラム等でアカウントの停止報告の書き込みが目立つようになり、最新の不正ツール利用者を含めかなりのアカウントが凍結されている状況とのことです。

しばらくは快適に?
Counter-Strike: Global Offensive のマッチメイキング等でチーターが多いといったような書き込みを Twitter 等でよく見かけていました。

不正ツール対策はイタチごっちのため、またシステムを回避するプログラムが出てくるかもしれませんが、今回のアップデートでしばらくは快適にプレーすることができるのではないかと思います。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!