賞金額が高いeスポーツタイトルのランキング『2013 Best Paying eSports』発表

2013 Best Paying eSports

Pro Gaming Toursが賞金額が高いeスポーツタイトルのランキング『2013 Best Paying eSports』を発表しました。

2013 Best Paying eSports

『Pro Gaming Tours』の発表によると、2013年に主要なeスポーツトーナメントで支払われた賞金総額は$15,000,000以上(約15.6億円, $1=104.42)とのこと。

世界で開催されている全ての大会を網羅しているわけでは無いと思うので、世界全体では少なくともこれ以上の規模で賞金付き大会が開催されていることになります。

ランキングは以下の通りとなっています。

10位: Quake Live

QUAKE LIVE

  • $37,924 (6 トーナメント)

9位: Call of Duty: Ghosts

Call of Duty: Ghosts

  • $50,000 (1 トーナメント)

8位: SMITE

SMITE

  • $51,315 (4 トーナメント)

7位: Halo 4

HALO4

  • $310,000 (2 トーナメント)

6位: World of Tanks

World of Tanks

  • $313,180 (6 トーナメント)

5位: Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive

  • $703,186 (22 トーナメント)

4位: Call of Duty: Black Ops 2

Call of Duty: Black Ops 2

  • $1,298,544 (12 トーナメント)

3位: StarCraft II

StarCraft II

  • $3,027,010 (104 トーナメント)

2位: DOTA2

DOTA2

  • $4,435,421 (74 トーナメント)

1位: League of Legends

League of Legends

  • $5,270,955 (98 トーナメント)

上位はMOBA、RTSでしたが、FPSも4タイトルランクインという結果となりました。

『Pro Gaming Tours』のサイトでは、インフォグラフィックや、各タイトルの上位獲得賞金チーム・プレーヤーなども見ることができます。

情報元

コメント

Avatar MamE

配信をよく見るけど視聴者数が
LoLプロの配信(個人)>CS:GOの大会(公式)
になっててやっぱりすげぇなって思いました