『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2014-02-27)

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2014-02-27)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 2/27/2014

GAMEPLAY

  • Molotov が他のグレネードと同じ collision bounds ではないのを修正した
  • いくつかのグレネードによって、そうあるべきでは無いときにレーダーで視界を取れることあるのを修正した(逆のパターンも同様)。これによって、プレーヤーが見えるべきでは無いときにレーダー上で確認出来てしまうバグが修正される。
  • radarvispowを0.2から0.4に変更した
  • レーダー上のアイコンが適切にフェードアウトしないのを修正した

MISC

  • ローカルサーバーでフレンドとプライベートのカジュアルマッチを開始した時に発生する頻繁な接続エラーを修正した
  • sv_grenade_trajectoryをオンにすることで、グレネードがぶつかったり跳ね返るときのバウンドサイズがデバッグ用のオーバーレイボックスに表示されるようになった
  • spectatingやラウンド終了時のマップ投票に使う数字キー(または武器バインド)用のオプションをメニューに追加した(spec_usenumberkeys_nobinds、デフォルトは1)。

NETWORK

  • 多数のTwitch.tv視聴者がいる試合へのGOTV 観戦リクエストは、常にGOTV本体ではなく GOTVリレーの方に直接つながるようになった
  • クエリーとGOTVにホスト名を知らせるためのConvar「host_name_store」を追加した。ホスト名は、ステータスにコマンドアウトプットとして常に出力される。
  • オペレーターが次の値を設定することができるConvar「host_info_show」を追加した。0に設定するとサーバーの情報クエリーをブロック、1(デフォルト)にするとアイデンティティを除く全ての詳細を返し、2にすると全ての利用可能な詳細情報を返す。
  • オペレーターが次の値を設定することができるConvar「host_players_show」を追加した。0にするとサーバーのプレーヤークエリーをブロック、1(デフォルト)にすると最大プレーヤー数とアップタイムのみを返す、2にすると全てのプレーヤー詳細情報を返す。
  • サーバーオペレーターはゲームルールのCarsを「gamerulescvars.txt」にリストアップできるようになった。これらのCvarsがFCVAR_NOTIFYと設定されている時は、サーバー管理ソフトやサードパーティクライアントに対するA2S_RULESレスポンスパケットに含まれるようになる。A2S_RULESレスポンスパケットの合計サイズは約1キロバイト以内でなければならない。gamerulescvars.txt.exampleを参考に。
  • サーバーが「-nomaster」パラメーター付きで起動されている時はGMS(Game Master Server?)に登録されず、また、直接クエリーを返さない。

MAPS

  • CS_Downtown: Deathmatchでプレーヤーがマップの外にspawnするバグを修正した
  • DE_Favela: プレーヤーがマップ外に出ることが出来るexploitを修正した
  • DE_Inferno: プレーヤーがボムサイトAバルコニーの屋根を通じて視界をとることができるのを修正した

情報元

ゲーム紹介