『League of Legends』を展開するRiot Gamesの日本進出が迫る

Riot Games

アカウント数7,500万以上の『League of Legends』を展開するRiot Gamesが、公式サイトにて日本進出に関するメッセージを掲載しました

Riot Games Tokyo

「Riot Games Tokyo」と題された記事によると、Riot Gamesはeスポーツ、プレーヤーサポート、マーケティング、ローカライズ、コミュニティ構築を日本で展開するためのチーム作りにスロットル全開で取り組んでいるとのこと。

現在は、東京にチームメンバーを集めている状態ですが、緑色の「GO」ボタンを押す準備が近づいているとのこと。Riot Gamesは、ビジネス向けのSNS「LinkedIn」にて下記の人材募集を行なっています。

正式な展開が始まれば日本サーバー、クライアントの日本語化、公式大会の予選開催など様々な期待が実現化される可能性がありそうです。

『League of Legends』と同ジャンルの人気タイトル『DOTA2』も、日本でのサービス展開を予定しているので、日本でのMOBA人気に火が付いていきそうです。

情報元