eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2014-05-21)

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2014-05-21)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 5/7/2014

SERVERS

  • ラウンドバックアップファイルが読み込まれた後にゲームをポーズするのをコントロールするconvar「mp_backup_restore_load_autopause」を追加した
  • サーバーが無制限なルールリクエストに対して応答するのを許可するのをコントロールする「host_rules_show」をdedicated server convarに追加した
  • 利用可能なプレーヤースロットがあるゲームサーバーに接続するときの’session is full’エラーを減らすためにサーバーロビースロットの割り当てロジックを改善した。
  • Linux dedicated Serverにおけるメモリリークを修正した
  • Linuxにおけるいくつかのレアなゲームーサーバークラッシュを修正した

MISC

  • convar「cl_hideserverip」を追加した。1に設定するとデベロッパーコンソールにクライアントやサーバーのIPアドレスが表示されないようになる
  • official competitive matchmakingに、今日のメッセージ(Message Of The Day)を表示しないようにした
  • コンソールに表示されていた様々なエラーを修正した
  • コンソールに表示されていたいくつかのメッセージを移動させた

こちらの動画によると「Twitch」のCounter-Strie: Global Offensiveチャンネルに表示されているストリーミングをマップでソート表示する機能が追加されたそうです。
まだ一部限定の機能なのか、ブラウザ等をかえて試してみましたが自分の環境では表示されませんでした。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar これ誰の乳首ー?俺のー! says:

    xvideosでいいおかずない?