eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』の最大同時接続数が19万4000人を突破

Counter-Strike: Global Offensive

『Counter-Strike: Global Offensive』の最大同時接続数が19万4000人を突破しています。

最大同時接続数が19万4000人を突破

「19万4000人」というこれまでの最大同時接続数を記録したのは、7/3付のSteam Stats データで確認することが出来ます。

Steam Stats

これまでは、2014年3月に開催された賞金総額 $250,000の世界大会『EMS One Katowice CS:GO Championship』に合わせて実施された75%割引セール頃に「約16万4000人」、2014年5月の「Huntsman Case」追加アップデート時に「約17万3,000人」を記録していました。

今回は、先日リリースされた『Operation Breakout』アップデートがプレーヤー増加の要因になっていると推測できます。

2014年8月には、再び賞金総額25万ドルの『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』が開催されるので、このタイミングでまた割引セールが実施されれば、さらなるプレーヤー増加に繋がる可能性があります。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. これ誰の乳首ー?俺のー! より:

    suge-