プロゲームチームCloud9がCS:GO部門を設立、元compLexity Gamingのメンバーと契約

Cloud9

United States プロゲームチーム Cloud9がCS:GO部門を設立し、元 United States compLexity Gamingのメンバーと契約しました。

プロゲームチーム Cloud9がCS:GO部門の設立

先日、「The Daly Dot」の取材により、Cloud9がcompLexity Gamingのメンバーと契約交渉を行なっていることが明らかになりました。

「The Daly Dot」がcompLexity Gamingのマネージャー Jason Bass 氏に取材したところ、United States compLexity Gaming とメンバー達の契約は 8/2に終了となる予定で、United States compLexity Gaming は年俸を含む新たな条件を提示し契約更新に向けての交渉を行なったとのこと。

しかし、選手達からの反応は United States Cloud9 からより好条件のオファーが来ているというもので、このままいくとメンバー達は United States compLexity Gaming との契約終了後に、United States Cloud9 と新契約を結ぶ可能性が高い、と報じられていました。

そして、United States compLexity Gaming とメンバーの契約終了を前に、United States Cloud9 の公式サイトに CS:GO部門のページが新設され、そのメンバーが明らかにされました。

Cloud9

  • United States Jordan “n0thing” Gilbert
  • United States Sean “sgares” Gares
  • United States Spencer “Hiko” Martin
  • Canada Kory “semphis” Friesen
  • Canada Mike “shroud” Grzesiek

事前に報じられていたとおりの展開です。
Cloud9の公式サイトでは、まだCS:GOチームの新設についてオフィシャル発表は行なわれていません。

United States compLexity Gaming のメンバー達は HLTV.orgが発表した2014年7月時点での世界ランキングで8位、現在参加中の『ESEA League Season17』Invite部門では3勝1敗でライバル United States iBUYPOWERに続き 2位となっています。

United States Cloud9 は 2012年12月に元 Quantic GamingのLeague of Legendsチームを母体として設立されたプロゲームチームです。その後成功を収め、活動の舞台を DOTA2、SMITE、Super Smash Bros、Hearthstone: Heroes of Warcraft Official へと拡大しており、FPSジャンルに参入となりました。

新生 United States Cloud9 は、2014年8月14~17日にドイツで開催される賞金総額25万ドルの『ESL One Cologne 2014 CS:GO Championship』に招待チームとして出場する権利を獲得しています

情報元

ゲーム紹介

コメント