eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESEA』がアジアパシフィックを対象にサービスを開始、シンガポールのCS:GOサーバーでPick Up Gameが可能に

ESEA League Season 16

『E-Sports Entertainment Association』(ESEA)がアジアパシフィックを対象にサービスを開始したことを公式サイトにて発表しました

『ESEA』がアジアパシフィックを対象にサービスを開始

『ESEA』が、シンガポールにゲームサーバーを設置し、アジアパシフィックを対象としたサービスを開始しました。アメリカ、ヨーロッパ、ブラジルに続く4エリア目のサービスとなります。

『ESEA』がアジアに進出することは、12月5~7日にアメリカで開催された『ESEA Season 17 LAN Finals』のストリーミング放送中にアナウンスされていました(thx のぶさん、execut1veさん)。

サイトの有料サービスに登録することで、『ESEA Client』を通じてシンガポールのサーバーでの「Pick Up Game」(即席チームでの5vs5戦)に参加したりすることが可能となる他、ボイスチャットのサーバーやデモブラウザなど様々なサービスを利用出来ます。

ESEA Client

ESEA Client

『ESEA Client』を通じてプレーしたゲームの情報は、自身のアカウントにスコアやプレーヤーのデータなどと共に記録される他、デモファイルも保存されます。

いまのところはサービスが開始されたばかりで「Invite」「Premium」「Main」「Open」等のレベル別で実施される大会『ESEA League』の対象エリアにはなっていません。

先日サービスが開始されたブラジルではSeason 18の「Open」部門が2015年1月より開催となる予定です。

アジアパシフィックでも、徐々に大会のサービスも行なわれていくことになるのではないかと思います。

サービスを利用するには月額$6.95が必要となるので、その点はご注意ください。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar MamE says:

    pugに参加した感想
    ・pingは70~100前後でMMとほとんど変わらず(鯖がシンガポールにあるため)
    ・参加しているプレイヤーはシンガポール人や香港、台湾人等
    ・言葉は基本的に英語だったけど喋らない人も多い
    ・VACBANとは別にESEAのBAN基準があったはず
    ・128tickなのでMMよりかは当たる印象(当方DMG程度なので参考程度に)

  2. Avatar これ誰の乳首ー?俺のー! says:

    wwwwwwww

  3. Avatar 9LUNA says:

    I hope soon for one Japan server.