eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ESLが自己資金による賞金総額25万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2015』を8月にドイツで開催

ESL One Cologne 2015

『Electronic Sports League』が自己資金による賞金総額25万ドルのCounter-Strike: Global Offensive大会『ESL One Cologne 2015』を8月にドイツで開催することを発表しました。

ESL One Cologne 2015

『ESL One Cologne 2015』は、2015年8月22日、23日にかけて15,000人を収容するドイツ最大の屋内競技場である「LANXESS Arena」にて開催されます。

大会に出場するのは、CS:GOの世界トップ16チームで賞金総額は25万ドル。
ESLはこれまでの2年間で、賞金総額25万ドルを3回開催しており、これらの大会にはValveによってCS:GOのゲーム内アイテム売上が配分されていました。

しかし、次回の『ESL One Cologne 2015』の賞金は、全額をESLが負担する形で実施されることになります。

Ulrich Schulze氏のコメント(ESL, Managing Director of Pro Gaming)

私たちには、ESL One eSportsツアーの一部として昨年に賞金総額25万ドルのCounter-Strike: Global Offensiveを2回開催した名誉があります。そして今年、ESLはそれを超えることを計画しています。

ESL One Cologneは世界最大のCounter-Strike: Global Offensiveイベントとなります。ドイツ最大の室内競技場で開催され、全てのファンにとって大満足となるのは間違いないと確信しています。

現地での観戦チケットは、2月23日より大会公式サイトを通じて購入可能となる予定です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!