eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Copenhagen Gamesを脱退したMSLがFeTiShに代わりTeam Dignitasに加入

Team Dignitas

先日、Denmark Copenhagen Gamesとの契約が終了したMathias “MSL” Lauridsen 選手が、Denmark Team Dignitasに加入しました。

MSLがFeTiShに代わりTeam Dignitasに加入

Denmark MSL選手は、他のチームからの誘いを受けて移籍することを希望し、Denmark Copenhagen Gamesを脱退したことが先日発表されました。

そして、Denmark MSL選手の新たな所属先が Denmark Team Dignitas であることが明らかにされました。

MSL
MSL選手

Denmark Team Dignitasは公式サイトにて、メンバー変更がチームが成功を収めるたのためのベストオプションであると決定し、Denmark Henrik “FeTiSh” Christensen選手に代わり Denmark MSL選手を加入させることにしたとコメントしていました。

HLTV.orgの統計データを見ると、Denmark FeTiSh 選手はレーティングが1.0を切る試合がほとんどとなっており、このような結果から、チームは FeTiSh 選手をリプレースするという決断に至ったと思われます。

ちなみに、新たに加入するDenmark MSL選手は20歳、Denmark FeTiSh 選手は28歳となります。

Team Dignitas

  • Denmark Phillip “aizy” Aistrup
  • Denmark Markus “Kjaerbye” Kjærbye
  • Denmark Nicolaj “Nico” Jensen
  • Denmark Jacob “Pimp” Winneche
  • Denmark Mathias “MSL” Lauridsen

Team DignitasはMSL選手を加えた新ラインナップで試合に挑み、Reason Gamingに2-0で勝利しています。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!