eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

競技向けマップ『Tuscan』CS:GOバージョンがついに正式リリース

Tuscan

競技向けマップ『Tuscan』Counter-Strike: Global Offensiveバージョンがついに正式リリースされました。

Tuscan

『de_tuscan』は Counter-Strike1.6、Counter-Strike: Sourceのトーナメント等で採用されていた競技向けマップです。

このマップのCS:GO版が2012年頃より開始され、2014年9月にベータ版リリース。その後、2015年1月のベータ 5.0リリースを経て、ついに正式版が公開となりました。

マップは、以下のリンクからサブスクライブすることでCS:GOでプレー可能となります。

ダウンロード

先日、CS:GO開発チームは競技向けのマッププールから「Nuke」を除外し「Train」を採用することを発表しました。「Tuscan」は過去にメジャー大会で採用されたマップであるため、今後支持を集めればどこかの大会で採用される可能性は大いにありそうです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!