eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2015-04-28)

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2015-04-28)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 4/28/2015

GAMEPLAY

  • 予備弾薬が複数の武器間でシェアされる場合があるのを修正した。全ての武器は、それぞれの予備弾薬を個別に取り扱うようになった。
  • 「sv_autobuyammo」のデフォルト値を「0」とした
  • classic competitiveにおいてプレーヤーがスモークグレネードと共にspawnした場合、そのラウンドのスモークグレネード最大購入数の1つとしてカウントされる(2個目のスモークを買う事が出来ない)。
  • HEグレネードのparticleの描画が不適切な場合があるのを修正した

MISC

  • 新しい10枚のコミュニティステッカーと、Enfuがデザインしたコミュニティステッカーカプセルを追加した。
  • 新たなボイスコミュニケーション用のコーデックをサポートした。サーバーを起動している間に「+sv_voicecodec vaudio_celt」を使用する事で、デフォルトの「Speex」に代わって「CELT」ボイスコーデックを使うことが出来る
  • ワールドマテリアルでのPhongサポートを追加した。このマテリアルを利用した例はTrainで確認できる。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/