eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GOの同時接続プレーヤー数が一時的にDota 2を超えてSteam 1位に

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensiveの同時接続プレーヤー数が一時的にDota 2を超えてSteam 1位となりました。

CS:GOの同時接続プレーヤー数が一時的にDota 2超え

Counter-Strike: Global Offensiveは先日、アップデートが行なわれ新しい武器、スキン、経験値システムなどの新要素を含む「Operation Bloodhound」がスタートとなりました。

これにあわせてプレーヤー数が増加し、下記の通り1,000プレーヤーほどの差ではありますが一時的に Dota2 を押さえています。

これを書いている時点では、下記の通り再び Dota 2が1位に返り咲いています。

Steam

最大同時接続数ではまだ差がありますが、一時的ながらも背中が見えたという状況と言えるでしょう。

注目は来月更新のユニークユーザー数データ

「CS:GO」と「Dota 2」の公式ブログには、先月時点でのユニークユーザー数が表示されています。

CS:GO
CS:GO

Dota 2
Dota 2

ユニークユーザー数ではDota 2の方が約420万ほど多くなっています。
今回のアップデートによる伸びで、これがどのくらいまで詰るのか注目です。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. ogumap より:

    向こうが無料でこっちが15ドルなことを考えればCS:GOがいかにすごいか分かる