「プロゲーマー」の商標登録申請、独占の意向はなしと申請者の滋慶学園がコメントを発表

プロゲーマー

先日、「プロゲーマー」という言葉の商標登録申請を行なっていることが明らかになった学校法人 滋慶学園が、この件に関するコメントを発表しました。

「プロゲーマー」の商標登録申請、独占の意図はなし

滋慶学園より届いたコメントによると、今回の申請は「プロゲーマー」という言葉の申請が却下されることを前提として行なっており、却下の前例を作る事により今後の新規参入者による申請での独占を防ぐことを目的にしているとのこと。

申請が受理され、「プロゲーマー」の商標を獲得した場合には独占する意向はないそうです。

申請の意図を事前に発表する必要があったのでは
今回の件は、おそらくこのような意図で行なったものであることを事前に公表していればまた違った受け止められ方になったのではないかと思います(発表するよりも早く、一般に知れ渡ってしまったということなのかもしれませんが)。

現状の流れだと、滋慶学園の思いとは裏腹に滋慶学園こそが独占を意図した申請者として見られてしまっているのではないでしょうか。

滋慶学園からのコメントについては下記をご覧ください。

滋慶学園のコメント

2015 年 7 月 6 日月曜日
学校法人 滋慶学園
東京アニメ・声優専門学校

「プロゲーマー」商標登録の経緯について

東京アニメ・声優専門学校におきましては、2016 年 4 月入学生向けに、e-sports・プロゲーマー業界で活躍する人材を育成するワールドを開設いたしました。その趣旨としては、「プロゲーマー」の育成のみならず、e-sports のイベントやマネジメント、マーケティングに関わる人材など、e-sports・プロゲーマー業界全体で働く人材を育成することで、日本において e-sports・プロゲーマー業界がさらに発展することに寄与したいと考えております。

この度、「プロゲーマー」という言葉の商標登録の申請をさせていただいたのも、e-sports・プロゲーマー業界が広く一般に発展するための取り組みでございます。

本学園としては、過去に、本学園が使用していた言葉(名称)を後から商標登録された別法人様から、使用している言葉(名称)の取り下げを求められ、在校生・高校生が慣れ親しんでくれた略称が、突然法的処置によって使用できなくなった事例がございました。当然、印刷物などの取り下げ・破棄・関係各所への修正依頼などを強いられました。突然の大人気ない対応に被害を受け、また関係各社様に多大なご迷惑をお掛けする事態となってしまいました。

このような過去の経験に基づいて、誰もが自由にこの「プロゲーマー」という言葉を活用できるように、あえて申請させていただいた次第でございます。

しかしながら、今回の申請は、恐らく却下される予定でございまして、この経緯が、本来私たちが求める結果であって、却下されることで前例ができ、今後新規参入者による妨害、不本意な結果を招くことなく、公用語として「プロゲーマー」という言葉が、使用されていくことを願っております。

万が一、申請が通ったとしても、本学園及び学園グループとしても独占の意向はありません。

当然、e-sports もすでに、商標登録されていることは、ご存知かと思いますが、「e-sports」・「プロゲーマー」という言葉は、これからもっと広く活用されていくべきかと考えている所存でございます。

本当にいつもながらご迷惑おかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。