eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

eスポーツヒストリアンThorin氏が選ぶCS:GO史上歴代トップ20ラインナップ

Thorin

eスポーツヒストリアン(歴史家)を自称するジャーナリスト・アナリストの United Kingdom Duncan “Thorin” Shields氏がCS:GOリリースから現在までの歴代トップ20ラインナップランキングを発表しました。

Thorin’s Top 20 CS:GO Line-Ups

Counter-Strike: Global Offensiveは2012年8月21日にリリースされ、先日3周年を迎えたところです。

リリース当初は離陸失敗となり散々な評価を受けましたが、その後「CS:GO Workshop」という仮想経済システムを構築。このマーケットを中心にアイテムの売買や取引を可能とし、レアアイテムを含む豊富な武器スキンの提供、アイテムドロップ、チームや選手のステッカーアイテム、ステッカーアイテムを使った大会予想ゲームイベント「Pick’Em Challenge」などの施策を次々にうち、プレーヤー達が積極的にゲームをプレーしたり試合を観戦する仕組みを作り上げました。また、デジタルアイテムを賭ける非公式のベットサイト等も、様々な問題を引き起こしていますが、シーンの拡大に貢献しているという見方ができます。

そして、今年8月に実施された賞金総額25万ドルの『ESL One Cologne 2015』では、オンラインでの最大同時視聴者数が130万以上を記録、大会関連のアイテム課金売上が800万ドル以上を記録し、その半分が出場選手やチームに配分されるなど当初とは比べものにならない規模のゲームに成長しました。

競技シーンは当初、 Sweden Ninjas in Pyjamas一強時代が長い間続きましたが、CS:GOの規模が拡大するにつれてプレー人口が増加。競技人口や賞金額が増額したことにより、現在はどのチームが勝つか予想するのも難しい大戦国時代となっています。

前置きがかなり長くなりましたが、10年以上シーンを見続けているThorin氏は、このような歴史を持つCS:GOのリリースから現在までにいたる競技シーンより、ラインナップのトップ20を選出しました。戦績や考察もたっぷりと記載されているので、以下のリンクより是非ご覧ください。

MamEさん情報提供ありがとうございました。

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/