日本の格闘ゲーマー・ボンちゃんがレッドブルアスリートとして契約しプロゲーマーに

ボンちゃん

日本の格闘ゲーマー Japan ボンちゃんが飲料メーカーの Red Bullとし契約しプロゲーマーとしての活動を開始しました。

Photo: Jason Halayko/Red Bull Content Pool

日本の格闘ゲーマー・ボンちゃんがレッドブルアスリートに

Team TOPANGAに所属する格闘ゲーマー・ボンちゃんこと髙橋正人氏が飲料メーカーの「Red Bull」と契約し、同ブランドがスポンサードする「レッドブルアスリート」としてプロゲーマーのキャリアをスタートしました。

ボンちゃん選手は、「ウルトラストリートファイターIV」を中心に活動するプレーヤーで、フランスで開催された『Red Bull Kumite 2015』優勝、アメリカで行なわれた『EVO 2014』準優勝などの実績を持っています。

プロフィール

  • プレイヤーネーム: ボンちゃん (本名: 髙橋 正人 / たかはし まさと)
  • 競技: ウルトラストリートファイターIV
  • 生年月日: 1987 年 3 月 11 日 (28 歳)
  • 出身: 東京都東久留米市

主な戦績

2009 年

  • Japan 闘劇 09 ストリートファイターIV ベスト 8

2012 年

  • United States EVO2012ストリートファイターx鉄拳 ベスト 8
  • Japan 闘劇 2012 スーパーストリートファイターIV AE2012 優勝

2013 年

  • Canada Canada Cup2013 スーパーストリートファイターIV AE2012 準優勝
  • Japan 第 3 期 TOPANGA リーグ (A)スーパーストリートファイターIV AE2012 優勝

2014 年

  • United States EVO2014ウルトラストリートファイターIV 準優勝
  • ThailandThaigeruppercut Championship 2014 ウルトラストリートファイター IV 優勝
  • Japan ウルトラストリートファイターIV 賞金制全国大会 一秋千撃杯 シングル部門 準優勝

2015 年

  • France Red Bull Kumite 2015 ウルトラストリートファイターIV 優勝
  • Malaysia FV Cup 2015 ウルトラストリートファイターIV 優勝

Japan ボンちゃんのコメント

きっかけは今年パリで開催されたRed Bull Kumiteでした。大会としての規模だけでなく、演出も素晴らしく、この大会を通してレッドブルが如何にゲームに注力しているかを実感しました。それから、レッドブルの様々な取り組みを知り、ゲームシーンを盛り上げていくための最高のパートナーであると確信し、レッドブル・アスリートの一員になりたいと思いました。

レッドブル・アスリートとしての目標は、結果を残し続ける事と若手の育成です。大会以外の交流会を開いて若手同士が交流したり、表に出ていける機会を提供出来たらと思います。自分自身、世界でプロとして戦う為に何が必要か色々考えました。その準備期間が大事でしたので、若手にも自分や他のプロゲーマーの姿を通じて何かを得て欲しいと思いますし、更にその下の世代を引っ張る意識を与えられたらと思います。

直近の目標は、12月にアメリカ・サンフランシスコで開催されるプロツアーの世界大会『カプコンカップファイナルズ』 です。この大会は昨年まで優勝賞金が3万ドルだったのが、今年は12万ドルに跳ね上がりました。獲得賞金額で評価されるプロとしては、ここで勝って一目置かれる存在になれたらと思います。

ボンちゃん
Red Bull Kumite 2015優勝 / Photo: Katya Mokolo / Red Bull Content Pool

世界のゲーマー「レッドブルアスリート」たち

スポーツ、レース、エクストリームスポーツなど様々なジャンルにおいて、「Red Bull」に選ばれた「レッドブルアスリート」達が活躍しています。

世界には、今回のボンちゃん選手と同じく「ゲーム」や「eスポーツ」と呼ばれる分野で「レッドブルアスリート」として活躍するトップ選手が存在しています。

全てを網羅しているわけではないかと思いますが、自分が知っている限りで写真と共に紹介していきます。

Matt “OpTic NaDesHoT” Haag (23歳) – Call of Dutyシリーズ

Posted by NaDeSHoT on 2015年7月12日

Jimmy “DeMoN” Ho (25歳) – Dota 2

Marie-Laure “Kayane” NORINDR (24歳) – Fighting Games

Posted by Kayane on 2014年7月4日

Michael “Flamesword” Chaves (26歳) – Haloシリーズ

David “Walshy” Walsh (31歳) – Haloシリーズ

Darryl “Snake Eyes” Lewis – Fighting Games

Choi “Bomber” Ji Sung (27歳) – StarCraft II

各ゲームでは有名な選手ばかりで、この一員に選ばれたというのはとてつもないことだと思います。

ざっと紹介を見て、意外と若いプレーヤーが少ないことに気付いたのではないでしょうか。今回、レッドブルと契約したボンちゃん選手も28歳です。

先のボンちゃん選手のコメントに「若手の育成」「下の世代を引っ張る意識」といった言葉がありました。レッドブルがどのような基準で「レッドブルアスリート」を選定しているかは実際の所は不明ですが、現役バリバリの若手選手ということにこだわるだけでなく、今後のメンターとなるような尊敬され模範的な選手であることも選定基準の中に入っているのではと思わせるようなメンバー達だと思います。

今後、ボンちゃん選手がどのような活動、活躍をしていくのか楽しみです。
ボンちゃん選手がどのようにして格闘ゲーマーとしてのキャリアを築いてきたかは、下記の特集記事にまとめられています。

情報元