eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2015-09-03)、マップの変更・修正を実施

Counter-Strike: Global Offensive

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2015-09-03)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 9/3/2015

MISC

  • ズームインショットの後すぐにしゃがむことによって発生するFOVズームバグを修正した
  • Competitive Gameをロードしている間にキーを激しく押すことでクライアントのspawnが防がれるのを修正した
  • molotov/incendiaryグレネードの消化距離を調整した
  • デモ再生中にマウスカーソールが消えたり、キーボード入力が出来なくなるのを修正した

LINUX

  • graceful sv_shutdownを実行するためのSIGINTハンドラーを追加した
  • サーバーへの接続を切断するためのSIGTERMハンドラーを追加した

MAPS

  • Dust2:
    • C4がスタックしてしまうMIDドア近くの場所を修正した
    • Aサイトのテクスチャバグを修正した
    • MIDに向かうT spawnちかくのlampを高くした
    • 記念のグラフィティを追加した (※Fnaticがdust2 Tサイドの開幕で4人がAWPを持ち、ミドルの敵を倒した記念のようです)
      • グラフィティ
  • Train:
    • Aに向かうTのエントラクス近くのハシゴバグを修正した
    • グレネードが線路に落ちるとダメージを与えることが出来なくなるバグを修正した
  • Cache:
    • 銃撃戦がよりやりやすくなるようフォークリフトのシルエットを改善した
    • 通気口下の武器を回収できなくなる問題を修正した

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!