eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『ESL One Cologne 2015』の統計データをまとめたインフォグラフィックが公開

ESL One Cologne 2015

2015年8月20~23日にドイツで開催された賞金総額25万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2015』の統計データをまとめたインフォグラフィックが公開されています。

ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship

『ESL One Cologne 2015 CS:GO Major Championship』は、同時視聴者数がこれまでで最大となる130万人を超えるなど、多くの記録を残した大会です。ESLは、このデータをインフォグラフィックにまとめて公開しました。

視聴データ

  • オンライン最大同時視聴者数: 132万3960 (3月のポーランド大会から30.7%増)
  • 合計セッション数: 9159万9513
  • 合計視聴時間: 3158万2186時間
  • ユニーク視聴者数: 2459万1777人

この他にも、選手の成績、武器やマップの統計データなどもまとめられています。
選手の成績では優勝チーム Fnatic の flusha選手が多数ランクインしています。
このflusha選手が最初に倒された場合にFnaticがラウンドを落とした確率は93.33%という興味深いデータも紹介されていました。

インフォグラフィックは以下のページから見ることができます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!