eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS1.6世界最高峰のスナイパーfRoDがcompLexity Gaming CS:GO部門に加入し現役復帰

fRoD

CS1.6世界最高峰のスナイパー United States Danny “fRoD” Montaner選手がUnited States compLexity Gaming のCS:GO部門に加入し現役復帰したことが発表されました。

fRoDがcompLexity Gaming CS:GO部門に加入し現役復帰

fRoD選手は、2005〜2006年にcompLexity Gamingに所属し、『Electronic World Cup 2005』や『CPL Summer 2006』といった世界大会で優勝し、2005年にはEsports Player of the Yearに選出。チームが2007年に『Championship Gaming Series』のフランチャイズチームUnited States Los Angeles Complexityとなり、こちらで数年Counter-Strike:Sourceをプレー。CGS終了後は United States Evil GeniusesのCounter-Strike1.6チームに参加し、2010年までプレーしていました。

このfRoD選手が新メンバーとしてチームに加入。また、Canada Kory “Semphis” Friesen選手とUnited States Tim “Autimatic” Ta 選手は契約が更新されず、2016年1月1日よりフリーとなります。
これに伴い、サブプレーヤーとして United States Ronnie “ryx” Bylicki 選手と United States Hunter “SicK” Mims 選手の2名がラインナップ入りしています。

Jason Lake氏のコメント (compLexity Gaming創設者、CEO)

coLのロスター改革が始まります。
北米Counter-Strikeの歴史において、Danny “fRoD” Montanerほど長きに渡るインパクトを持つプレーヤーは存在しません。
私たちのシーンが悪いものとなっているある日、私たちは獣を呼び起こし、オールドスクールのキングを呼び戻すことを決定しました。fRoDの知識と経験が、チームの若きプレーヤー達の成長を手助けすると確信しています。

私たちのプランには時間と膨大な激務が必要となります。しかし、compLexityはアメリカに異なるワールドチャンピオンシップをもたらすために身を捧げます。私たちはそれをする最後のもの達でした。神の思し召しがあれば私たちには次があるでしょう。おかえりなさいfRoD、私たちはあなたに会いたかったです。

compLexity Gaming

  • United States Daniel “roca” Gustaferri
  • United States Joshua “sancz” Ballenger
  • United States Danny “fRoD” Montaner
  • United States Ronnie “ryx” Bylicki (サブ)
  • United States Hunter “SicK” Mims (サブ)
  • United States Matt “Warden” Dickens (coach)

脱退 – 12月31日で契約終了

  • Canada Kory “Semphis” Friesen
  • United States Tim “Autimatic” Ta

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/