eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ゲーマー向けのコミュニケーションツール「Discord」を使ったCS:GOコミュニティ「RapidWorks Club」が参加者の募集を開始

Counter-Strike: Global Offensive

コミュニケーションツール「Discord」を使ったCS:GOコミュニティ「RapidWorks Club」が参加者の募集を開始しています。

※ツールが「Slack」から「Discord」に変更されたため記載内容を変更しました(2015-12-24)

CS:GOコミュニティ「RapidWorks Club」

「RapidWorks Club」は、ゲーマー向けのコミュニケーションツール「Discord」をベースに、日本のCounter-Strike: Global Offensive活性化を目的とするコミュニティです。

「IRC」などのでCS:GOプレーヤーが集まるパブリックチャンネルのようなものを、「Discord」上に構築し「CS:GOプレーヤーがコミュニケーション出来る場」を作るというプロジェクトとなっています。

ここにCS:GOプレーヤーが気軽に集まることで、試合をしたり、大会を見たり、ストリーミング配信を一緒に見たり、といった活動が産まれていく事が想定されています。

参加方法については、下記の解説ページ内に記載されているフォームより申請する形式となっています。

より詳しくは、下記の解説ページを参照して下さい。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar Azuleat says:

    掲載ありがとうございます。

  2. Avatar ふれいや says:

    現在はSlackではなくDiscordを使用してるみたいですね