『ESL』がCS:GO大会の基本ルールを変更、ラウンド・C4爆破時間公式準拠、ジャンプ投げスクリプト使用禁止など

Counter-Strike: Global Offensive

『ESL』が実施する『Counter-Strike: Global Offensive』大会の基本ルールを変更すると発表しました。

CS:GO rule changes

公式サイトでの発表によると、に変更はアマチュア向けの『ESL CS:GO Open League』からプロも参加する『ESL One』や『Intel Extreme Masters』まで全面的に適用となります。

内部的な議論や、プロゲーマーの意見を反映させ、下記のような変更が実施されます。

ラウンド時間、C4爆破時間を変更

  • ラウンド時間 – 1分55秒
  • C4爆破タイマー – 40秒

Deathcam

  • Deathcamの表示時間を2秒に短縮

ラウンド終了後のディレイ時間

  • ラウンド間の切り替え時間を3秒に短縮

ジャンプ投げスクリプトの使用禁止

  • グレネードの軌道を安定化させるジャンプ投げスクリプトの使用を禁止

上記の変更は今週末に実施される一部大会で導入され、日本時間の2016年1月18日(月)19時以降に全適用になるとのことです。

Counter-Strikeシリーズの歴史的に、主要な大会は競技性の統一を図るためにValve公式ルールや、影響力のある大手大会のルールセットに準拠する流れがあるため、今後様々な大会がこの仕様を取り入れることが予想されます。

日本では、『ESL』と提携する『JCG』が過去にルールを変更する発表を行なっていました。

情報元

ゲーム紹介