eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

mOEがTeam Liquidのヘルプとして『MLG Columbus 2016』に出場しない理由を発表

m0E

United States Mohamad “mOE” Assad 選手が、Team Liquidのヘルプとして『MLG Columbus 2016』に出場しない理由をFacebookにて明らかにしました。

mOE選手が『MLG Columbus 2016』に出場しない理由を明らかに

先日、Team Liquidはインゲームリーダーの United States Eric “adreN” Hoag 選手がサブメンバーとなり、新たに United States Kenneth “koosta” Suen選手がスターティングメンバー入りすることを発表しました。

Team Liquidは、2月26日より開催となる『MLG Columbus 2016』のオフライン予選に招待出場が決定しているものの、ルールの関係で koosta 選手が出場出来ない事から、mOE選手をスタンドイン起用する計画でした。

mOE選手がTeam Liquidからの出場を辞退した理由

m0E選手のFacebook投稿によると、Team Liquidからヘルプ出場のオファーを受け、自身が所属するEchoFoxに確認を取らず出場の話を進めていたところ、Team Liquidとして『MLG Columbus 2016』に出場すると、次回のMinor大会にEchoFoxから出場することが出来ないことが判明したとのこと。

m0E選手はEchoFoxにどうするかの決定は委ねると告げられ、最終的にEchoFoxでプレーすることを選び、Team Liquidでの出場することが出来ない事を伝えこの決定についてTeam Liquidに理解を得られたことを明らかにしています。

Team Liquidはまだ5人目として出場するメンバーを公式に発表していません。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!