CS:GO大会『MLG Columbus 2016』の最大同時視聴者数が160万以上となり歴代記録を更新

MLG Counter-Strike:Global Offensive Major Championship: Columbus

『Major League Gaming』を展開するActivision Blizzard社が、今月上旬に実施した『MLG Columbus 2016』の観戦者数データを発表しました。

『MLG Columbus 2016』

『MLG Columbus 2016』は2016年3月29日~4月3日にかけてアメリカで開催された賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会です。

今大会のオンライン観戦者データは下記のようになっています。

MLG.tv、Twitch、GOTV合計データ

  • 総視聴数: 7,100万以上
  • 総視聴時間: 4,500万時間以上
  • 最大同時視聴数: 160万以上

GOTV

CS:GOのクライアント情報によると、最も注目を集めたのはLuminosity GamingとNatus Vincereによる決勝戦でした。

これまでの最高記録は、昨年にドイツで開催された『ESL One Cologne 2015』の最大同時視聴者数が130万人でしたが、これを30万近く上回る結果となりました。

現地で観戦した観客数は3日間でのべ10,000人とのこと。
CS:GOは多くのファンを魅了する他、高額な賞金がついた世界大会が次々と発表されている事から、今後も観戦者数は今後も右肩上がりで増加していきそうです。

情報元

ゲーム紹介